再開発なら24年開業 イオングループ棒二森屋跡地整備

2018年12月25日 15時00分

 2019年1月末に閉店する棒二森屋店の跡地整備・活用について、イオングループは市街地再開発で複合施設を建設する場合、6年後の24年の開業を目指す考えを示した。大まかな概要や事業手法などが固まれば、都市計画決定、事業認可・組合設立、権利変換計画認可など段階を踏んで着工となる。

 20日、函館市内で函館駅前東地区まちづくり協議会の第6回会合が開かれ、関係権利者17者、21人が出席。事務局は個別建て替えや再開発など各種手法を説明した上で、市街地再開発の手順、再開発準備組合の組織構成などを提示した。

 現時点ではマンション棟(22階、約150戸)、商業棟(3階)、商業・ホテル棟(16階、約200室)を新設するイオン側の試案があり、これに対して函館都心商店街振興組合はより商業・公益スペースを拡充するプランを望んでいる。

 今後は、2案をすり合わせながら、年度末にも基本構想をまとめる。都市再開発法に基づく市街地再開発事業で進める場合、19年夏をめどに再開発準備組合を設立することなどを想定している。

 次回会合は来年1月24日に開く見通し。


関連キーワード: ホテル マンション 商業 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,958)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,661)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,065)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,684)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,463)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。