再開発なら24年開業 イオングループ棒二森屋跡地整備

2018年12月25日 15時00分

 2019年1月末に閉店する棒二森屋店の跡地整備・活用について、イオングループは市街地再開発で複合施設を建設する場合、6年後の24年の開業を目指す考えを示した。大まかな概要や事業手法などが固まれば、都市計画決定、事業認可・組合設立、権利変換計画認可など段階を踏んで着工となる。

 20日、函館市内で函館駅前東地区まちづくり協議会の第6回会合が開かれ、関係権利者17者、21人が出席。事務局は個別建て替えや再開発など各種手法を説明した上で、市街地再開発の手順、再開発準備組合の組織構成などを提示した。

 現時点ではマンション棟(22階、約150戸)、商業棟(3階)、商業・ホテル棟(16階、約200室)を新設するイオン側の試案があり、これに対して函館都心商店街振興組合はより商業・公益スペースを拡充するプランを望んでいる。

 今後は、2案をすり合わせながら、年度末にも基本構想をまとめる。都市再開発法に基づく市街地再開発事業で進める場合、19年夏をめどに再開発準備組合を設立することなどを想定している。

 次回会合は来年1月24日に開く見通し。


関連キーワード: ホテル マンション 商業 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (3,716)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,076)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,589)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,386)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。