カーリングストーン軌道科学的に 北見工大などが共同研究

2019年01月22日 12時00分

 河西建設(本社・北見)が所有する河西建設カーリングホールで15―18日までの間、北見工大と公立はこだて未来大の共同研究グループがカーリングストーンのコントロールに関する実験を行った。

 同社のカーリングホールは1995年に市民への競技普及などを目的に建設されたもの。平昌オリンピックで銅メダルを獲得したロコ・ソラーレの藤沢五月選手も、幼少の頃から同カーリングホールで練習していた。

精密な計測を目指し実験を続けている

 実験は、2017年10月から18年1月にかけて同カーリングホールで行われた実験と同様に、赤外線を発するLEDを埋め込んだリンクにLEDを取り付けたストーンを投げ、ストーンの軌道や速度などのデータを測定するためのもの。

 前回の実験で赤外線によってデータを計測できることなどを確認した。今回はリンクに埋め込むLEDの数を増やし、より精密な計測を目指す。

 実験に参加した北見工大の桝井文人教授は「実験場所を提供してもらい、ありがたい。カーリングを通した地域発展などに向け、地域で連携できれば」と話している。実験は今後も同カーリングホールで続ける見通しだ。(北見)


関連キーワード: 学校 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,076)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,355)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,808)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,473)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,193)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。