カーリングストーン軌道科学的に 北見工大などが共同研究

2019年01月22日 12時00分

 河西建設(本社・北見)が所有する河西建設カーリングホールで15―18日までの間、北見工大と公立はこだて未来大の共同研究グループがカーリングストーンのコントロールに関する実験を行った。

 同社のカーリングホールは1995年に市民への競技普及などを目的に建設されたもの。平昌オリンピックで銅メダルを獲得したロコ・ソラーレの藤沢五月選手も、幼少の頃から同カーリングホールで練習していた。

精密な計測を目指し実験を続けている

 実験は、2017年10月から18年1月にかけて同カーリングホールで行われた実験と同様に、赤外線を発するLEDを埋め込んだリンクにLEDを取り付けたストーンを投げ、ストーンの軌道や速度などのデータを測定するためのもの。

 前回の実験で赤外線によってデータを計測できることなどを確認した。今回はリンクに埋め込むLEDの数を増やし、より精密な計測を目指す。

 実験に参加した北見工大の桝井文人教授は「実験場所を提供してもらい、ありがたい。カーリングを通した地域発展などに向け、地域で連携できれば」と話している。実験は今後も同カーリングホールで続ける見通しだ。(北見)


関連キーワード: 学校 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,078)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (2,020)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,533)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,469)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,355)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。