札幌工高の土木科3年生チームが「環境奉仕大賞」に輝く

2019年02月01日 07時00分

 1月25日に室蘭市内で開かれた第37回北海道高等学校工業クラブ大会の課題研究発表大会の部で、札幌工高土木科3年生10人のチームが環境の保全・資源のリサイクル、ボランティアなど地域社会への貢献が認められ、『環境奉仕大賞』に輝いた。高校生活最後の全道大会。生徒たちは「率直にうれしかった」と、受賞の喜びを分かち合うとともに、関係者に感謝した。

 生徒たちが課題研究授業として昨年取り組んだ「元町会館前広場活用プロジェクト」の活動内容を、「みんなが集まりたくなる広場の創造」と題して発表。地域住民や地元企業技術士らとのワークショップ、測量作業、3次元図面の作成、公園計画策定、工作物作製といった活動内容を報告した。

 発表に当たり時田悠馬さんは「地域のための活動という点を前面に出した。受賞は多くの人のおかげ」と感謝。活動に関して「実際にする仕事のような作業があり、やりがいを感じた」と振り返った。伊藤健太さんは「元町の人々の地域活動が活発で、さまざまなイベントに参加できた」、近藤遥平さんは「授業で習わない貴重な体験ができた」とそれぞれ感想を述べた。

 同校土木科長の梶邦明教諭は「単なるボランティアでは受賞できなかっただろう。地域との連携、貢献という点が評価されたのでは」とコメント。時田さんら3人は卒業後も「元町プロジェクトの実行委員会のメンバーとして携わる」と目を輝かせていた。

受賞を喜ぶ10人のメンバー


関連キーワード: フレッシュ 学校

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,076)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,355)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,808)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,473)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,193)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。