札幌工高の土木科3年生チームが「環境奉仕大賞」に輝く

2019年02月01日 07時00分

 1月25日に室蘭市内で開かれた第37回北海道高等学校工業クラブ大会の課題研究発表大会の部で、札幌工高土木科3年生10人のチームが環境の保全・資源のリサイクル、ボランティアなど地域社会への貢献が認められ、『環境奉仕大賞』に輝いた。高校生活最後の全道大会。生徒たちは「率直にうれしかった」と、受賞の喜びを分かち合うとともに、関係者に感謝した。

 生徒たちが課題研究授業として昨年取り組んだ「元町会館前広場活用プロジェクト」の活動内容を、「みんなが集まりたくなる広場の創造」と題して発表。地域住民や地元企業技術士らとのワークショップ、測量作業、3次元図面の作成、公園計画策定、工作物作製といった活動内容を報告した。

 発表に当たり時田悠馬さんは「地域のための活動という点を前面に出した。受賞は多くの人のおかげ」と感謝。活動に関して「実際にする仕事のような作業があり、やりがいを感じた」と振り返った。伊藤健太さんは「元町の人々の地域活動が活発で、さまざまなイベントに参加できた」、近藤遥平さんは「授業で習わない貴重な体験ができた」とそれぞれ感想を述べた。

 同校土木科長の梶邦明教諭は「単なるボランティアでは受賞できなかっただろう。地域との連携、貢献という点が評価されたのでは」とコメント。時田さんら3人は卒業後も「元町プロジェクトの実行委員会のメンバーとして携わる」と目を輝かせていた。

受賞を喜ぶ10人のメンバー


関連キーワード: フレッシュ 学校

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,072)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,406)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,732)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,017)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。