1934人増も伸び幅縮小 18年の札幌市人口動態

2019年02月01日 15時00分

 札幌市は、住民基本台帳による2018年の人口動態をまとめた。1年間で人口は1934人増えているが、前年の3862人と比較すると1928人少ない。伸び幅の縮小は死亡が出生を上回る自然減の拡大が主な要因となる。区別では東区が10年ぶりに減少に転じている。

 日本人のみを対象とした。出生から死亡を差し引く自然増減は、減少に転じた09年以降、減少幅が拡大。18年は前年よりマイナス幅が1092人大きい、6016人減となり、初のマイナス6000人台に到達した。

 転入者数から転出者数を引いた社会動態を見ると、転入が上回る7647人の社会増を維持しているが、前年に比べ、伸び幅は836人縮小した。
 年度によりぶれはあるものの12年度以降は7000―9000人の社会増が続き、18年も同水準を維持している。

 地域別では、中央区の円山・桑園地区、山鼻地区、東区の東雁来地区や西区の琴似、二十四軒地区で人口の伸びが大きい。

 半面、東区の北栄、栄西地区、伏古・本町地区、中央区の曙・幌西地区、白石区の菊水元町・米里で減少が目立つ。

 区別では10区中、5区で減少し、東区は10年ぶりにマイナス451人と減少に転じた。21年連続の減少が続く南区はマイナス1233人で減少幅が最も大きい。増加は中央区がプラス1368人と最多だった。

 人口は19年1月1日現在で、196万6735人となっている。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,077)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (2,021)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,538)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,469)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,356)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。