ガソリン価格141・6円 10月時点に比べ20円近く下落

2019年02月12日 15時00分

 道内ガソリン価格の軟化が止まらない。資源エネルギー庁のまとめによると、4日現在の道内レギュラーガソリン平均価格は1㍑当たり141・6円で、前週から0・2円値下がりした。直近のピークだった2018年10月時点に比べて20円近い下落。帯広で勃発している価格競争などが道内全体の平均価格を押し下げている。軽油は125・2円で横ばい。シーズン後半戦に入った灯油は、92円ほどで底堅く推移している。

 道内のガソリン価格は18年末から軟化傾向が強まり、1月中・下旬は石油元売りの卸価格上昇を受けて上昇に転じたものの、2月に入って再び下落している。

 主因は帯広での価格競争。安値量販店が昨年末にオープンし、市況が落ち込んでいる。2月上旬で128円の超安値を掲げ、他社は130円台前半で追随する構図だ。

 札幌は135円前後が中心値。函館は130円台、旭川は130円台後半から140円台が主流となっている。いずれも年明け以降、大幅な値動きは見られない。

 アジア指標原油となる中東産ドバイ原油は足元60㌦台前半で推移。対米㌦の為替は109円台を付けている。石油元売り各社の卸価格は、1月中・下旬は値上げとなったが、それまでの値下げ分と相殺される格好となり、店頭市場の値動きにつながっていない。

 折り返しを迎えた灯油市場は店頭、配達売りとも90円台を堅持している。資源エネ庁の調査によると、4日現在の道内平均価格は、店頭売りが1㍑当たり90・3円、配達売りは92円。18年11月に付けた直近の最高値から10円余り値下がりしたが、17年2月の水準とは10円、16年2月の水準とは20円ほど高い。

 販売業者は「本州の不安定な天候も影響し、灯油価格は今後も固く推移するのでは」とみている。


関連キーワード: エネルギー

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,080)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,414)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,742)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,029)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。