10年ぶりに1000億円突破 釧路港18年輸出入総額

2019年02月13日 15時00分

 釧路税関支署は2018年の釧路港外国貿易速報をまとめた。輸出は鉄スクラップや紙類・同製品が増加、輸入は化学肥料や飼料の原料、魚介類が増加し、いずれも2年連続でプラス。合わせて前年比32%増の1092億8000万円に上り、08年以来10年ぶりに1000億円を超えた。

 輸出は16.6%増の114億1800万円。中国やベトナム向けが中心の魚介類は4.9%減の34億8000万円にとどまったものの、韓国・バングラデシュ向けなどの鉄スクラップは28.2%増の37億9700万円、ベトナム・中国向けなどの紙類・同製品は12.9%増の22億7800万円と好調だった。

 相手国別では中国が29億6800万円(14.3%減)、ベトナムが24億9000万円(32.4%増)、韓国が18億9700万円(8.1%減)、タイが12億900万円(3・2倍)などとなっている。

 輸入は34.1%増の978億6200万円。米国やブラジルなどからの飼料用原料が15%増の317億1400万円、米国、カナダといった国からの化学肥料用原料が29.6%増の238億4400万円とこの2品目で過半数を占め、ロシア、米国を主要国とする魚介類は42.7%増の97億5800万円、オーストラリアや米国などからの石炭は17%増の82億3000万円だった。

 相手国別では米国が379億1800万円(30.9%増)とトップで、以下は中国の165億1400万円(2・6倍)、オーストラリアの79億9300万円(15.3%増)、カナダの72億1200万円(9.5%増)、ロシアの71億7000万円(94.2%増)と続く。

 入港席数は23隻増の355隻で、2年ぶりに増加。コンテナ取扱本数は輸出が511本増の5256本、輸入が1841本増の1万1049本、合わせて2352本増の1万6305本となり、02年の就航以来最多を記録した。


関連キーワード: 港湾 物流 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,569)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,741)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,325)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,216)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,123)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。