10年ぶりに1000億円突破 釧路港18年輸出入総額

2019年02月13日 15時00分

 釧路税関支署は2018年の釧路港外国貿易速報をまとめた。輸出は鉄スクラップや紙類・同製品が増加、輸入は化学肥料や飼料の原料、魚介類が増加し、いずれも2年連続でプラス。合わせて前年比32%増の1092億8000万円に上り、08年以来10年ぶりに1000億円を超えた。

 輸出は16.6%増の114億1800万円。中国やベトナム向けが中心の魚介類は4.9%減の34億8000万円にとどまったものの、韓国・バングラデシュ向けなどの鉄スクラップは28.2%増の37億9700万円、ベトナム・中国向けなどの紙類・同製品は12.9%増の22億7800万円と好調だった。

 相手国別では中国が29億6800万円(14.3%減)、ベトナムが24億9000万円(32.4%増)、韓国が18億9700万円(8.1%減)、タイが12億900万円(3・2倍)などとなっている。

 輸入は34.1%増の978億6200万円。米国やブラジルなどからの飼料用原料が15%増の317億1400万円、米国、カナダといった国からの化学肥料用原料が29.6%増の238億4400万円とこの2品目で過半数を占め、ロシア、米国を主要国とする魚介類は42.7%増の97億5800万円、オーストラリアや米国などからの石炭は17%増の82億3000万円だった。

 相手国別では米国が379億1800万円(30.9%増)とトップで、以下は中国の165億1400万円(2・6倍)、オーストラリアの79億9300万円(15.3%増)、カナダの72億1200万円(9.5%増)、ロシアの71億7000万円(94.2%増)と続く。

 入港席数は23隻増の355隻で、2年ぶりに増加。コンテナ取扱本数は輸出が511本増の5256本、輸入が1841本増の1万1049本、合わせて2352本増の1万6305本となり、02年の就航以来最多を記録した。


関連キーワード: 港湾 物流 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,958)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,661)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,065)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,684)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,463)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。