札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」

2019年02月15日 15時00分

 札幌市は14日、札幌市民ホールの命名権を与えるネーミングライツ協定を、カナモト(本社・札幌市中央区)と締結した。市本庁舎で開いた調印式で金本哲男社長と秋元克広市長が、4月からの愛称「カナモトホール」を披露した。

 3者の応募があり、協賛額や愛称名など総合的に評価し、協定先に選んだ。期間は4月1日から2024年3月31日までの5年間。協賛額は年2000万円で総額1億円(税込み)。

 調印式には金本寛中会長、町田隆敏副市長も出席。金本社長は「創業55周年を迎え地域に関われることに意義と責任を感じる」と話し、協賛で地元の教育、文化に貢献する考えを示した。

愛称を披露する金本社長(左)と秋元市長

 同社が公共施設の命名権を取得するのは、これが初めて。新中央体育館に続く、2度目の挑戦で取得に至った。

 秋元市長は「年間40万人が利用する市民に親しみ深いホール。支援を頂き、より多くの人が使いやすい場になれば」と期待した。

 市民ホールは、市民会館の代替施設として08年12月にオープン。愛称はメイン表示板や外壁大型サインなどに掲示する。


関連キーワード: さっぽろ圏 市町村行政

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,174)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,548)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,150)
19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (1,931)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,851)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。