札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」

2019年02月15日 15時00分

 札幌市は14日、札幌市民ホールの命名権を与えるネーミングライツ協定を、カナモト(本社・札幌市中央区)と締結した。市本庁舎で開いた調印式で金本哲男社長と秋元克広市長が、4月からの愛称「カナモトホール」を披露した。

 3者の応募があり、協賛額や愛称名など総合的に評価し、協定先に選んだ。期間は4月1日から2024年3月31日までの5年間。協賛額は年2000万円で総額1億円(税込み)。

 調印式には金本寛中会長、町田隆敏副市長も出席。金本社長は「創業55周年を迎え地域に関われることに意義と責任を感じる」と話し、協賛で地元の教育、文化に貢献する考えを示した。

愛称を披露する金本社長(左)と秋元市長

 同社が公共施設の命名権を取得するのは、これが初めて。新中央体育館に続く、2度目の挑戦で取得に至った。

 秋元市長は「年間40万人が利用する市民に親しみ深いホール。支援を頂き、より多くの人が使いやすい場になれば」と期待した。

 市民ホールは、市民会館の代替施設として08年12月にオープン。愛称はメイン表示板や外壁大型サインなどに掲示する。


関連キーワード: さっぽろ圏 市町村行政

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,166)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,392)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,135)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,863)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,666)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。