支障木など活用へ 日高振興局とバイオマス需給者が協定

2019年02月23日 12時00分

 木質バイオマスの需要が増す中、日高管内の林地未利用材や河畔の支障木を活用して安定した原料供給を図ろうと、日高振興局と木質バイオマスの需給者がタッグを組んだ。河畔林の利用促進を盛り込むのは道内初。地元林業者の安定した仕事量確保や災害に強い地域づくりにもつながる。松浦英則振興局長は「一石二鳥にも三鳥にもなる。日高管内から全道に広めたい」と意欲を示した。

協定を結んだ(左から)小野組合長、松浦局長、大原社長

 近年の異常気象で、管内では樹木が川をせき止めることによる洪水や流木の被害が多発。行政側は厳しい財政事情から対応が難しく、振興局が解決策を検討していた。

 林地未利用材の利用促進に取り組んできたものの、河畔林を取り込むにはさらなる需給体制が必要。そこで、チップを製造する森林組合などで組織した日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会、木質バイオマス発電で林地残材の積極活用を図っている王子木材緑化に打診し、協定が実現した。

 同社は3年前から、江別市内で木質バイオマス発電を展開。年間で消費する12万BD㌧(乾燥重量)のバイオマスのうち、日高・胆振地域で半分を供給する。

 19日、日高合同庁舎での調印式に3者の代表が臨み、協定書に署名した。

 大原寬信社長は原料の安定供給に加え、「河畔林の計画的伐採に協力できる」と強調。協議会長の小野哲弘ひだか南森林組合長は「安定した仕事量が確保でき、林業のさらなる活性化につながる」と期待する。(苫小牧)


関連キーワード: エネルギー 林業 農林水産

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,896)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,083)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,803)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,349)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,176)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。