定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工

2019年02月28日 07時00分

 ハマノホテルズ(札幌市南区定山渓温泉東4丁目、浜野浩二社長)は、定山渓グランドホテル瑞苑の建て替えを計画している。今後、設計者を選定するとともに、11月から既存施設3棟の解体に着手。2020年春の本体着工、21年5月の完成を目指している。

 札幌市南区定山渓温泉東4丁目にある定山渓グランドホテル瑞苑は、施設を保有していた定山渓グランドホテルの吸収合併に伴い、10年に現名称となった。12階建ての「やすらぎの館」、9階建ての「萌黄の館」、6階建ての「瑠璃の館」の3棟で構成。計230室を備えている。

建て替えを計画している定山渓グランドホテル瑞苑

 増改築を繰り返し、築30年以上が経過。札幌市が発表した大規模建築物の診断結果で、3棟全て未耐震とされたため、建て替えることにした。

 ハマノホテルズの担当者によると、新施設の概要は未定。年内に設計と既存施設解体に取り掛かる見通し。

 ハマノホテルズは、休業していた定山渓の高級旅館「佳松御苑・吉兆」を建て替え、18年6月に純和風旅館としてオープンさせた。施工は盛永組が担当した。


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,177)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,551)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,153)
19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (1,920)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,854)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。