石狩川下流に207億円 開発局19年度予算事業計画

2019年03月02日 15時00分

 北海道開発局は、2019年度予算における国土交通省分の事業計画を公表した。石狩川下流に最大207億円、幾春別川総合開発三笠ぽんべつダム本体工事費などに154億円。5号塩谷防災など防災対策の道路改築に最大143億円を配分する考えだ。

 19年度当初予算が国会審議中のため、見込み段階での数値。

 河川では石狩川下流に最大207億円を措置。本川滝川地区の排水機場整備、樹木伐採、夕張側の樋門や堤防法尻補強といったインフラ強靱化に基づく事業を推進する。

 千歳川遊水地群には32億円を投じ、江別太など5つの遊水地を19年度内の完成目指して築堤や管理施設を整備する。

 ダム事業に関しては平取ダムが21年度の本体完成を目指して45億円を確保。幾春別川総合開発では、新桂沢ダム本体工事の推進のほか、三笠ぽんべつダムの本体着工費、付け替え道路工事費などを含め154億円を積み上げている。

 道路系では、防災対策などを主眼とした改築事業で最大143億円を計上。5号塩谷防災塩谷トンネル、39号比布大橋架け換え、40号天塩防災の推進などを見込む。

 5号倶知安余市道路共和―余市間には最大75億円、228号茂辺地木古内道路に最大38億円、235号厚賀静内道路に最大72億円、278号空港道路に最大78億円を要求。19年度開通を予定する233号幌糠留萌道路には9億円、337号泉郷道路は42億円、450号丸瀬布遠軽道路には24億円をそれぞれ見込む。

 空港では新千歳空港の誘導路整備などに54億8000万円、港湾は石狩湾新港の北防波堤に31億円などが主なところだ。


関連キーワード: 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,252)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,049)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,879)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,810)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,331)

連載・特集

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第175回は「飲み疲れ」。お酒や食事で酷使した肝臓を労るには断酒や睡眠のほかアミノ酸を含む食品を積極的に取ることです。

連載 重大NEWS2019令和元年を振り返る

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
人口減少社会の到来を見据え、経済や 社会の構造が大きく変わろうとする、令和元年のニュースを振り返る。