新会長に岸本真一氏 札幌林業土木協会

2019年03月10日 12時00分

 札幌林業土木協会(25社)は6日、ANAクラウンプラザホテル札幌で第52回定時総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で新会長に岸本真一副会長を選出した。岸本新会長は「責任の重さを感じている。この大役を引き受けた以上、責任を果たすべく、全力を尽くして努力する」と決意表明し、協会運営への協力を求めた。

協会運営への決意を述べる岸本新会長

 総会の冒頭、坂田憲正前会長があいさつ。「昨年は全国的に災害が多発した受難の年だった」と振り返り、林野庁の予算が復興や防災で増額となったことを報告。今後に向けては「会員が一致団結して業界の発展に協力を」と呼び掛けた。

 来賓からは北海道森林管理局の河野裕之森林整備部長が、大幅な増額となった林野庁予算を紹介。「減災や防災では予防治山が必要」とし、治山林道整備への協力を求めた。

 日本林業土木連合協会の菊池博輝専務理事は「重大災害ゼロを3年連続で達成している」と述べ、安全管理活動の推進を要請した。

 2019年度事業計画は①森林土木技術者の養成と技術向上に関する研修会②労働災害の未然防止を図る安全活動③林業土木・木製構造物の経年変化に関する調査④山地災害防止などの社会貢献活動⑤優良工事従事者の表彰⑥森林土木事業分野の解説書等発行・紹介・あっせんなどの事業⑦関係団体との連携強化―を柱に各種活動を推進する。

 役員改選では新会長に岸本副会長、新たな副会長に及川聡理事を選出し、五十嵐千津雄副会長は留任。また、新理事に中島功治、村田修の両氏、新たな監事に坂田啓一郎氏が就任し、坂田前会長は相談役に就いた。

 総会終了後には優良工事表彰式を開催。林野庁と道森林管理局の治山・林道工事コンクールで各賞を受賞した企業の現場代理人4人に表彰状と記念品を贈った。

 


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (3,716)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,077)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,589)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,386)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。