再生骨材「バイオアッシュストーン」 上川中部に販売拡大

2019年04月09日 15時00分

 スズ産業(本社・旭川)は、2月末に日本製紙北海道工場旭川事業所と「バイオアッシュストーン」に関する販売代理店契約を結んだ。バイオマスボイラの稼働に伴い発生する燃焼灰を有効利用した再生骨材で、旭川市を中心に上川中部地域での導入拡大を図っていきたい考えだ。

養生され強度が増したキューブの品質を安定させるため、屋外で養生中のバイオアッシュストーン

 同事業所は、導入しているバイオマスボイラの燃料として木くず、石炭、林地残材などを使用しているが、稼働に伴い年間3万㌧程度の燃焼灰が発生しており、最終処分場の延命化などを図る目的から燃焼灰の有効活用を計画。セメントで混練固化し、破砕した再生骨材バイオアッシュストーンを2008年度に完成させた。

 11年度から13年度にかけて寒地土木研究所、NIPPOと凍上抑制層への適用に関する共同研究を進め、基本性状の把握、環境に対する安全性などを確立。12年12月には「北海道認定リサイクル製品」の認定を受けた。

 バイオアッシュストーンの製造過程では、燃焼灰にセメントや豆砂利、薬品、水などを加え、加圧振動を加えてキューブ状にしたものを温度20―40度の状態で約1日養生した後、屋外ヤードでも2―3日養生し、品質の安定化を図る。

 その後、自走式ジョークラッシャーで破砕し、最適な含水比となるようスプリンクラーによる散水をしながら製品ヤードで品質管理を行う。出荷はロードセル計量器付きタイヤショベルで実施するなど過積載対策も施している。

 1日当たりの生産は、最大で約150㌧が可能。一般の骨材に比べ割安で、比重が軽いことからダンプ一台当たりの積載量を増やせるため、輸送コスト削減にもつながるという。

 バイオアッシュストーンは、これまで旭川市や旭川建管、上川総合局調整課などで凍上抑制材、上川総合局南部森林室、芦別市で路盤材、上川総合局調整課で暗渠の疎水材として利用された実績を持つ。今後は上川中部地域をターゲットにしていく考えだ。

 スズ産業の鈴木利昭社長は「旭川市内企業の反応は上々。19年度は8000㌧を売り上げることができれば」と話している。


関連キーワード: 上川 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,521)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。