大型外航船が初来港 釧路港国際物流ターミナル

2019年04月15日 12時00分

 国際バルク戦略港湾として整備を進めた釧路港国際物流ターミナルに、外航船第1船が来港した。9日には運営を担う釧路西港開発埠頭(本社・釧路市、鈴木信社長)主催の歓迎セレモニーが開かれ、蝦名大也釧路市長ら関係者がテンポラーダ船長に花束や記念品を贈った。

 西港区の第2ふ頭先端部にマイナス14m岸壁を新設し、大型のアンローダーやベルトコンベヤーなども備えた同ターミナルは、昨年11月に完成式を挙行。その後は実際の船舶を使った負荷試運転で機能に問題がないことを確認し、3月29日付で供用開始した。

 供用後、既に3隻がこの岸壁で荷役しているが、従来のマイナス12m岸壁では接岸できないクラスの船が来港したのは今回が初めて。着岸は5日で6日から荷役作業を始めていたが、土日を挟んだこともあり関係者の日程が確保できたこの日の開催となった。

船長や蝦名市長ら関係者が記念撮影に臨んだ

 今回の船は、パナマックス級より一回り大きい全長228m、載貨重量トン数8万2549㌧のマノソスP号(リベリア船籍)。米国・シアトル港でトウモロコシ5万4000㌧を積み込み、釧路で2万5000㌧を降ろした後、10日に出港し名古屋港か志布志港に向かうという。

 蝦名市長は「これまで他港で軽くしてから来ていた大型船が、ファーストポートとして直接入ってくるようになった。時間短縮と輸送コスト削減は、背後の酪農地帯にとって大きな効果」と話していた。

(北海道建設新聞2019年04月10日付1面より)

 


関連キーワード: 港湾 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (3,731)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,101)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,599)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,348)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,072)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。