札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ

2019年04月16日 18時00分

 北3東11周辺地区第1種市街地再開発事業の起工式が13日、札幌市内の現地で行われた。関係者ら約110人が出席。無事故無災害で2022年春の全面開業を迎えることを祈念した。

 札幌市中央区北3条東11丁目で、JR苗穂駅南口の地区面積約2万4500m²をA―Dの4街区に分けて共同住宅や商業・医療施設などを整備する。総事業費は約230億円。

JR苗穂駅南口に整備される共同住宅や商業施設などの完成予想図(北3東11周辺地区市街地再開発組合提供)

 A街区にRC一部S造、25階、延べ約2万3400m²、住戸数204戸の共同住宅と商業施設、機械式駐車場など、B街区にRC一部S造、27階、延べ約2万5000m²、住戸数204戸の共同住宅や医療施設、商業施設、機械式駐車場のほか、RC造、14階、延べ約6000m²、77戸の高齢者用住宅を設ける。AとB街区の各施設や苗穂駅は空中歩廊でつながる。

 C街区はRC造、4階、延べ1988m²の寺院、D街区はRC造、4階、延べ1771m²のオフィスなどが入る業務施設となる。

 事業主体は北3東11周辺地区市街地再開発組合、特定業務代行者はセントラルリーシングシステム・岩田地崎建設・丸彦渡辺建設・田中組・札建工業・山下設計共同体。A、B、D街区の設計は山下設計、施工は岩田地崎建設・丸彦渡辺建設・田中組・札建工業共同体が担う。C街区は、日本建設が設計施工を担当する。

 組合の松本哲朗理事長は「利便性の高い複合型市街地形成を図るとともに、地域の魅力や活力の向上に寄与する事業。関係者が一丸となって事業の推進に努力する」とコメント。事業概要を説明した山重明事務局長は「さまざまな施設を結ぶ空中歩廊を整備することで、冬でも安全に移動することができる。高齢化社会を迎え、車いすでも安心して暮らせるコンパクトシティーになる」と期待を寄せた。
 


関連キーワード: 再開発

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 日本仮設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,781)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,429)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,959)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,596)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,595)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。