道内7空港民営化 2者が2次審査へ

2019年05月11日 09時00分

7月ごろに優先交渉権者決定へ

 道内7空港の一括民間委託で、1次審査を通過した3者のうち2者が、国土交通省へ2次審査の提案書を提出したことが分かった。今後、プレゼンテーションなどを含めて詳細な審査が行われ、7月ごろに優先交渉権者を決定する予定だ。

 民営化の対象となるのは新千歳、釧路、函館、稚内の国管理4空港、道管理の女満別、市管理の帯広、旭川の合計7空港。1次審査では昨年9月に応募4者から3者を選定した。

 その後は各空港管理者と選考通過者の間で競争的対話を進めていたが、うち1者は2次審査を辞退した。

 2次審査に進出するのは、北海道空港や三菱地所などのコンソーシアムと、パリ空港公団や加森観光などによるコンソーシアム。この2者から優先交渉権者を選定し、2020年6月の新千歳を皮切りとして21年3月までに順次民営化を開始する。

(北海道建設新聞2019年5月8日付4面より)


関連キーワード: 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,043)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,958)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,559)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。