236号野塚など4カ年で120トンネルを長寿命化 開発局

2019年05月18日 09時00分

 北海道開発局は道路施設の長寿命化計画に基づき、2019―22年度の4カ年で、236号野塚トンネル(4232m)など120件のトンネル修繕に取り組む予定だ。シェッドやカルバートといった構造物でも231号床丹覆道1(900m)の補修などを計画している。

 開発局は道路橋梁の長寿命化計画と併せて、トンネルなどの施設についても5年に1度の定期点検サイクルを踏まえた長寿命化計画を策定。毎年度計画を更新し、断面修復や剥落防止といった措置を施している。

 273カ所の道路トンネルのうち19年度は函館開建が管理する231号日方泊トンネル(2900m)など28件の修繕を計画。20年度は帯広開建の273号三国トンネル(1152m)など56件、21年度は室蘭開建の236号野塚トンネルなど32件、22年度は同開建の336号幌溝トンネル(783m)など4件を予定している。

 2019年5月17日付の北海道建設新聞(1面)から抜粋。全文は本紙をご覧下さい。

関連キーワード: 土木 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,371)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,060)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,832)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,464)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,396)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。