札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円

2019年05月28日 07時00分

 札幌市交通局は地下鉄駅リフレッシュの基本検討に入る。2021年度の着工に向け、スケジュールや費用を整理する。局内で方向性をまとめた後、6月にも検討業務を公告する。概算事業費は、28年度までの10カ年で約92億円を見込む。

 地下鉄開業から約50年が経過し、壁面、天井などの経年劣化が進行しているため、経過年数や駅の利用状況に応じてホームとコンコースを改修して清潔感がある、明るい駅を目指す。

 交通事業経営計画の実施期間である19年度からの10カ年の対象は、1971年に開業した南北線のうち高架駅を除く麻生―平岸駅間の12駅と、76年開業の東西線琴似―白石駅間内2駅の合わせて14駅。毎年2駅ずつ改修を予定する。

 基本検討は、各駅の改修内容や費用を整理し、老朽化の度合いなどを踏まえ、優先順位やスケジュールなどを想定する内容。6、7月ごろの発注を目指している。

 20年度は、21年度に施工する駅の実施設計を進める。対象は、最も古い南北線の北24条駅―平岸駅間から2駅程度を想定している

 工事は、各駅の運行に支障を来さないよう、ホームやコンコースの壁、天井の張り替えなどを進めていく。南北線大通駅と札幌駅は既にコンコースの改修を終えている。

 これら14駅の整備完了後は、東西線各駅のリフレッシュを本格化していく考えだ。


関連キーワード: さっぽろ圏 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,371)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,060)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,832)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,464)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,396)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。