道の肉付け補正、一般会計は2500億円程度の見通し 

2019年06月08日 12時00分

 道の2019年度一般会計の肉付け補正予算案は、2500億円程度となる見通しだ。19年度当初予算との合計は2兆8600億円程度となり、前年度当初予算に比べ約4%の増加となる。補正予算案は14日に鈴木直道知事が正式発表し、20日開会予定の第2回定例道議会に提案する。

 19年度当初予算は、知事と道議会議員選挙を控えていたことから骨格編成で、一般会計は2兆6097億円を計上していた。

 鈴木知事の政策予算となる肉付け補正予算案は2500億円程度で、前回選挙のあった15年度を8%程度下回るが、当初予算を含めた金額では15年度を超える。過去10年間で見ても最も大きな予算規模となる見通しだ。

 一般会計予算の推移は、15年度の肉付け補正後が2兆8021億円、その後の当初予算は16年度が2兆8246億円で、17年度が2兆7534億円、18年度が2兆7498億円となっている。

(北海道建設新聞2019年6月6日1面より)


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,010)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,437)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,213)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,833)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,221)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。