関係人口の拡大へ 道がモデル事業をプロポで公告

2019年06月12日 18時00分

 道総合政策部は11日付で、関係人口創出・拡大モデル事業業務の受託者を公募型プロポーザルで公告した。道内17市町などと連携し、首都圏企業の社員や家族を対象に仕事と休暇を両立する広域周遊型のワーケーションプランを提案することで関係人口の拡大を図る方針だ。参加表明書は25日午後5時まで受け付ける。

 鈴木直道知事が選挙公約で掲げた政策の一環。首都圏の住民をターゲットに、新たな関係人口の掘り起こしを狙う。釧路市や北見市など道内の17市町、日本テレワーク協会と連携し、観光地・リゾート地で休暇を兼ねてリモートワークをする本道ならではのワーケーションを提案する。

 業務内容は、道などが受け入れ体制の構築やワーケーションプランの検討を進める北海道型ワーケーション検討会議の開催や、首都圏企業へのニーズ調査、プランの策定・普及などとなっている。

 委託期間は2020年2月7日まで。プロポーザルの参加資格は道内に本社か事業所を有する法人や団体、複数事業者によるコンソーシアム。25日まで参加表明書、7月10日まで企画提案書を受け付ける。予算上限額は756万7000円。7月17日にヒアリング審査会を実施し、8月上旬に契約を締結する予定だ。

 申し込み・問い合わせは地域戦略課移住推進グループ、電話011(204)5089まで。


関連キーワード: 北海道庁 地域振興

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,208)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,860)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (3,012)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,871)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,268)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。