JR北海道、北広島駅ホームを延伸

2019年06月13日 07時00分

 JR北海道は12日、日本ハムファイターズのボールパーク(BP)開設に合わせて北広島駅を改修すると発表した。混雑緩和策として札幌方面に向かうホームの88㍍延伸などを実施。費用は約9億円でJRが全額負担する。供用開始は2023年2月を予定。北広島市などと協議している新駅建設については、関係機関に案を提示するために候補地の調査を始めるとした。

 島田修社長が記者会見で明らかにした。BPが満員になった場合、約4割に当たる1万3500人が鉄道で帰路に就くと想定。自動改札の位置を今より改札外側に移設することで改札内コンコースの空間を広くし、客がスムーズにホームに降りられるようにする。

 また、札幌方面乗り場のホームを88㍍延伸する。現在は普通列車と快速エアポートが同じホームの両サイドに止まるようになっていて、BPでの試合後は快速の到着を待つ客の行列で、普通列車の客の乗車が妨げられる懸念が出てくるという。このためホームを4両分伸ばし、快速と普通の停止位置をずらして混雑を緩和する。

 ホームと改札口をつなぐエスカレーターの運用も変える。現在はホームごとに上りと下り1基ずつ動かしているところを、混雑状況に合わせて2基とも同一方向に運転する。

 このほか、BP利用客に早めに駅に向かってもらうため、駅構内の広場に大型ビジョンを設置するなどのアイデアにも言及。費用負担や役割分担について自治体や球団などと協議するとした。

 新駅について島田社長は「建てるとしてもBPの開業には間に合わない」と明言した。新駅は地元自治体などが建設費の多くを負担する「請願駅」。協議のたたき台となる新駅の案を示すため、候補地の地形・地質などの現状を調査して年内に結果をまとめるという。ただ、運行ダイヤ調整などが別途必要になるため「駅を造れば輸送力が高まるわけではない」と、建設には慎重な姿勢を示した。


関連キーワード: さっぽろ圏 ボールパーク

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,078)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (2,020)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,533)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,469)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,355)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。