入札不調の清水沢ダム改修、分割発注へ

2019年06月15日 09時00分

 道企業局は、これまで2度にわたり入札不調となった清水沢ダム改修に向けて、工事を3分割して発注する方針を固めた。当初は一括して3カ年工事としていたが、3件に分けて単年度工事に変更し、毎年度1件ずつ発注する。2019年度は堤体下にある土砂吐きゲートの閉塞(へいそく)などを実施することとし、来週にも一般競争公告する予定だ。

 清水沢ダム改修は、老朽化に対応するため14年度から進めている清水沢発電所改修事業の一環で実施するもの。重力式コンクリートダムで、規模は堤体積が1万6000m³、貯水池の全容量が13万m³となっている。

 ダム改修は18年7月に初めて入札執行したが、予定価格超過で不調となった。工事は非出水期である10月―翌年3月の冬期間に進める必要があるが、再公告したとしてもこの期間内の施工が困難になったことから、同局は発注を19年度に延期していた。

 しかし、参加要件などを見直してことし4月に2度目の入札を執行したが、再び不調となった。同局では原因などを検証した上で、より多くの企業が入札に参加しやすくなるよう工事を分割し、単年度工事に変更することとした。

 工事は全部で10門あるダム越流部のうち8門を順次、仮締め切りしながら進める。19年度は製作中の締め切りゲート3門を据え付けた上で、堤体下まで通じる作業用道路を整備し、減勢工下流取り壊し、土砂吐きゲートの閉塞、地震計設置などを行う。

 20、21年度は堤体補修を計画している。表面を部分的に削って、新たなコンクリートを打設する工事で、打設量は合計で約1500m³を予定。これを2件の工事に分割し、各年度発注する。

 分割することで工事費は若干増え、全体で10億円程度となることが見込まれる。

(北海道建設新聞2019年6月11日付1面より)


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 東宏
  • 川崎建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,368)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,306)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,143)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,944)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,616)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。