市立釧路総合病院 新棟の設計発注は20年度以降

2019年06月25日 07時00分

 釧路市の津田学市立釧路総合病院事務部長は、新棟建設の基本計画を2019年度中に見直す考えを表明した。設計の発注時期については、明言を避けつつ20年度以降となる可能性も示唆した。

 24日に開かれた市議会民生福祉常任委員会で太田豊新棟建設推進室長が、「設計図面は白紙になったものの、これまでに医師や医療スタッフと積み重ねてきた協議内容を生かしながら、病院内や都市整備部建築課と連携して基本計画見直しを進めている」と報告。手術件数、3次救急患者数、救急車等の受け入れ患者数の増加といった医療ニーズの変化への対応や、大半を解体するとしていた既存棟の活用範囲見直しなどについて協議していると述べた。

 各委員からは、設計の再発注や見直し完了時期などスケジュールに関する質問が集中。

 津田部長は年度内を目標に基本計画の見直しを進めていると認めた。その後のスケジュールは「もう少し具体的に示せる時期に明らかにしたい」と述べるにとどまったが、設計の発注については来年度の可能性があることも暗にほのめかした。


関連キーワード: 医療福祉 建築 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (3,731)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,101)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,599)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,348)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,072)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。