札幌市除雪事業協会 新会長に宮浦征宏氏を選出

2019年07月29日 18時00分

 札幌市除雪事業協会(213社)は26日、札幌市内で定期総会を開き、任期満了に伴う役員改選で会長に宮浦征宏副会長(宮浦興業)を選出した。後任の副会長には三鍋哲雄除雪委員長(佐野重機)を選んだ。内沼勝(アイケン工業)、林義雄(道路工業)の両副会長は留任し、4期8年を務めた乳井文夫会長(晃亜興業)は顧問に就く。

宮浦新会長

 除雪事業者は担い手確保や持続可能な体制づくりが課題。効率化に向けたICT活用、若手の定着が重要テーマとなる中、会長、副会長に40代の若手を起用し、周囲をベテランが固める新体制を構築した。

 役員改選ではこのほか理事に札幌建設運送、鹿島舗道工業、水谷組、三井住建道路、光建工業の新任5社を含む23社を選出。監査は岡本興業、北道工業の2社を新任した。

 事業計画は待機時の補償率改善など、持続可能な環境づくりを要望する方針を決めた。除雪機械の実技研修会の開催、課題分析に向けた実態調査、ICT活用に対する実証調査を展開する。

 総会後、宮浦新会長は「行動力が求められての選出と考える。先輩役員、会員の力を借り、全ての会員が経営を続けられるよう環境を改善したい」と抱負を述べた。勇退する乳井会長は「若手の活躍をベテランが支え、目標を達成してほしい」とエールを送った。

 


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,390)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,321)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,163)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,877)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,622)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。