札幌市除雪事業協会 新会長に宮浦征宏氏を選出

2019年07月29日 18時00分

 札幌市除雪事業協会(213社)は26日、札幌市内で定期総会を開き、任期満了に伴う役員改選で会長に宮浦征宏副会長(宮浦興業)を選出した。後任の副会長には三鍋哲雄除雪委員長(佐野重機)を選んだ。内沼勝(アイケン工業)、林義雄(道路工業)の両副会長は留任し、4期8年を務めた乳井文夫会長(晃亜興業)は顧問に就く。

宮浦新会長

 除雪事業者は担い手確保や持続可能な体制づくりが課題。効率化に向けたICT活用、若手の定着が重要テーマとなる中、会長、副会長に40代の若手を起用し、周囲をベテランが固める新体制を構築した。

 役員改選ではこのほか理事に札幌建設運送、鹿島舗道工業、水谷組、三井住建道路、光建工業の新任5社を含む23社を選出。監査は岡本興業、北道工業の2社を新任した。

 事業計画は待機時の補償率改善など、持続可能な環境づくりを要望する方針を決めた。除雪機械の実技研修会の開催、課題分析に向けた実態調査、ICT活用に対する実証調査を展開する。

 総会後、宮浦新会長は「行動力が求められての選出と考える。先輩役員、会員の力を借り、全ての会員が経営を続けられるよう環境を改善したい」と抱負を述べた。勇退する乳井会長は「若手の活躍をベテランが支え、目標を達成してほしい」とエールを送った。

 


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,521)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。