地域介護・福祉空間整備等の厚労省内示 道内は49カ所

2019年07月31日 07時00分

 道保健福祉部は、厚生労働省の2019年度地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金について、政令市と中核市を除く道内市町村別の内示状況をまとめた。音更町をはじめ23市町に配分する予定。認知症高齢者グループホームなど、合わせて49カ所が対象となっている。

 介護予防・生活支援拠点の整備や既存介護施設の耐震化を促進するための交付金。札幌、函館、旭川の3市を除く道内分は総額で2億5994万1000円を内示した。

 このうち、道が実施主体の広域型施設分に11カ所で4358万円、市町村が実施主体の地域密着型施設分に38カ所で2億1636万1000円を配分する。

 市町村別の内示額は、音更町が3635万5000円で最も多い。認知症高齢者グループホームが1カ所で599万5000円、地域密着型特別養護老人ホームが2カ所で3036万円という内訳。苫小牧市の3092万円、池田町の2547万2000円と続く。

 施設別では、認知症高齢者グループホームが24カ所、1億2362万5000円で最多だった。

 2019年7月31日付の北海道建設新聞(1面)から抜粋。市町村別の内示状況(①施設種別・箇所数②内示額)は本紙に掲載しています。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,227)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,147)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,560)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,276)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。