厚真高から今春林業に イワクラの南谷蓮人さん

2019年08月02日 15時00分

担い手確保 活動が実る

 胆振地域で、林業の担い手育成に向けた取り組みが進んでいる。官民一体となって仕事の魅力を発信。今春、胆振東部地域林業担い手確保推進協議会(5月に胆振地域林業担い手確保推進協議会に組織変更)の活動が実り、2人の高校新卒者が業界に仲間入りした。イワクラ(本社・苫小牧)で働く南谷蓮人さんはその1人だ。

林業の世界に踏み出した南谷さん

 厚真高の出身。将来やりたいことがなかなか見つけられずにいたが、高校で職業について調べる課題が出たとき、林業について調べてみると「興味が湧いた」と話す。

 昨年7月、高校で胆振東部地域林業担い手確保推進協主催の林業座談会が開かれると知った。1年生が対象だったが、先生に頼んで参加させてもらった。林業従事者2人から道具の説明や林業の紹介を受け、そこからは一直線。イワクラに就職し、苫小牧市内のホモゲン加工工場に勤務している。

 「まだまだ分からない仕事が多くて大変。でもそれはどの仕事でも同じ。しっかりやりたい」と意気込む。

 仕事をしていて一番うれしいのは作業がうまくいったとき。「先輩に褒めてもらえる」と笑みを浮かべる。そして、きちんと叱ってくれることをありがたいと感じている。

 「林業というと森で木を切る仕事のイメージが強かった。加工や製材といろいろな仕事がある」と実感する日々。それを後輩たちに伝える日を楽しみにしている。(苫小牧)


関連キーワード: フレッシュ 人材確保 林業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,135)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,104)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,701)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,465)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。