Z世代

2019年08月05日 09時00分

 日本を代表する小説家三島由紀夫は大正14(1925)年生まれのため、昭和とともに歳を重ねた。陸上自衛隊市ケ谷駐屯地籠城事件で亡くなったのが昭和45年、45歳の時。昭和と対峙(たいじ)した作家といわれるゆえんである

  ▼その三島が小説『絹と明察』(新潮社)で登場人物に、若者に対するこんな文句を語らせていた。「若さが幸福を求めるなどというのは、衰退である」。時代の雰囲気というものだろう。今の若者がそんな言葉を聞けば、昭和の人間が何を勝手なことをと不満を漏らすのでないか。急激な高齢化により機会や収入など若者の不利が目立つ現代である。彼らは安定志向で戦いを好まない。夢に懸けるより確実に手に入る幸福を求める傾向が強いようだ

 ▼「Z世代」というらしい。90年代半ば以降に生まれ、低成長や不況のころに子ども時代を過ごした世代を指す。米国社会発祥の言葉だが日本も状況はほぼ同じ。やりくりに苦労する親を見て育ったため現実的でリスクを嫌うのが特徴だ。ただ、それは消極的で意欲に欠けるのとは違う。米誌『ニューズウィーク』で読んだのだが、「近年まれに見る有能かつ生産的な世代」になる可能性を秘めているのだとか。社会的な問題意識が高く、もうけることより自分の好きなことや大事なことに注力する性質がプラスに働くからだそう

 ▼どこの会社にとっても人材不足は深刻で、採用には頭を悩ませていよう。これから世に出ようとする、まさにその最前線にいるのがZ世代である。意識を変える必要があるのは昭和世代なのかもしれない。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,966)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,966)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,697)
仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (1,634)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,630)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。