コラム「透視図」

検事長の定年延長

2020年02月28日 09時00分

 信用第一とはありきたりな言葉のようで実は人間関係の根幹を成す理念だろう。『論語』の子張第十九にもこんな一文がある。「子夏が曰わく、君子、信ぜられて而して後に其の民を労す。未だ信ぜられざれば即ち以て己れをやましむと為す」

 ▼君子は信用されてはじめて人民を使う。まだ信用されてもいないのに使おうとすれば、人民は君子が自分たちを苦しめようとしているのだと考えるものだ、というのである。根拠のない批判も多いが、この件に関しては安倍首相も自らの信用について真剣に考えた方がいいのでないか。黒川弘務東京高等検察庁検事長の定年延長問題である。黒川氏を次期検事総長に据えたいがために、異例ともいえる法解釈変更までして延長実現に動いているように見えて仕方がない

 ▼検事総長任期は2年が慣例のため、稲田伸夫現総長は今夏で退任する。ところが次期有力候補黒川氏の定年は今月。これに困った政府が窮余の策として国会公務員法の特例延長制度を持ち出したわけだ。内閣に任命権があるとはいえ、検察トップの検事総長は独立性と不偏不党が命。これまでも人事に当たっては属人的になることを避け、制度に則り順当に席を埋めてきた。誰がなろうと法の執行に違いはないとの理念からだ

 ▼ただ、今回のように政府が定年延長を画策までして黒川氏を推すとなると話は怪しくなる。こうした三権分立に直接手を出すことは「モリカケ」や「桜を見る会」とは次元が違う。首相に思惑などなくとも疑いを持たれるだけで信用に傷がつく。ごり押しは控えた方がいい。


ウポポイ

2020年02月27日 09時00分

 日本最北端の地として知られる宗谷岬とノシャップ岬に挟まれた宗谷湾の東南側基部に、増幌という地区があるのをご存じだろうか。同名の川が湾に注いでいて、この川筋に沿った一帯をそう呼ぶ

 ▼ほとんどの北海道地名の例にもれず、地名の由来はアイヌ語である。山田秀三氏は著書『北海道の地名』(北海道新聞社)で松浦武四郎の日記を引き合いに出し、元は「マシ・ウポポ」だったのでないかと推測していた。「マシ」はカモメ、「ウポポ」は歌い踊るさまを意味する。海とつながった食料の豊富な川にカモメが集まり、楽しげに鳴き交わしている土地だったらしい。この「ウポポ」に場所を表す「イ」を付けたのが、白老町ポロト湖畔に誕生する民族共生象徴空間「ウポポイ」だ

 ▼愛称選考資料には「(おおぜいで)歌うこと」とある。4月24日のオープンまで2カ月を切った。先住民族とされるアイヌの歴史と文化を主題とする日本最北の国立博物館や、民族共生公園が一体的に整備された場所である。偶然だが今回の直木賞作品『熱源』(川越宗一、文藝春秋)も、激動の近代を必死に生き抜くアイヌの物語だった。印象的な一節がある。明治初めにロシア領となった樺太から本道に渡ったアイヌがこうつぶやくのだ。「人(アイヌ)は、自分のほかの誰のものでもないんだ」

 ▼どこにいてもアイヌはアイヌなんだという誇りの表れだろう。民族の違いはあれど共存していくには互いを尊重すべきと教えられた気もした。大勢で歌うには協調が不可欠である。ウポポイがそれを学ぶ場になるといい。


新型コロナの闇

2020年02月26日 09時00分

 言われてみれば確かによく聞く言葉である。日本語学者森田良行氏が著書『日本語をみがく小辞典』(角川ソフィア文庫)に、「戦後『闇』ということばくらいよく使われた語はない」と記していた

 ▼「闇市、闇屋、闇値、闇取引」など枚挙にいとまがない。もともとは月や星のない真っ暗な夜を指す言葉だが、転じて明るい所ではできない行為や正規の手続きを踏まない取引の意味でも使われるようになったらしい。森田氏はさらに闇には巨大な力が感じられるとして、その特徴をこう表現していた。「闇は人に物を見えなくさせる。物の道理もわからぬほど思慮・分別を失わせる」。その伝でいくと今のわが国は、新型コロナウイルスの闇の中にあるといえるのでないか 
 ▼東京株式市場の日経平均株価が休日明けのきのう、開始間もなく1000円以上値を下げた。24日のニューヨーク株式市場でダウ平均が急落して引けた影響とはいえ、健康のみならず経済にも不安と恐怖が広がっている現実を示していよう。騒動は終息する気配を見せず、「燎原の火」のごとく火勢は強まる一方だ。政府や各党政治家をはじめ識者やマスコミ、一般の人々も寄れば触ればコロナの話題。ところが主張は皆ばらばらでどれを信じていいのか分からない

 ▼大小問わず行事や外出を自粛する動きも目立ち、これではコロナより景気の悪化で倒れる人が続出しそうな気配である。感染のピ
ークを抑えるのに今が肝心なのはもちろんだが、闇におびえるあまり思慮分別を失うのは考えものだ。闇の中で突っ走れば思わぬけがをする。


就職氷河期世代再生

2020年02月25日 09時00分

 何をやってもことごとくうまくいかない、自分の力量不足が心底嫌になる―。そんな落ち込んでいるときに聞くと、ふっと気持ちが楽になる歌の一つに「オフコース」の『言葉にできない』(小田和正作詞作曲)がある

 ▼こんな一節があった。「せつない嘘をついては いいわけをのみこんで 果たせぬあの頃の夢は もう消えた 誰のせいでもない 自分がちいさすぎるから それがくやしくて 言葉にできない」。続くフレーズが最も印象的な部分である。「あなたに会えて ほんとうによかった 嬉しくて嬉しくて 言葉にできない」。人生を一変させる出会いがあったのだ。先日急逝した野村克也氏の教え子たちも今、そう感じているのでないか

 ▼プロ野球ヤクルトや阪神、楽天で監督を務め多くの名選手を育てた。他球団で戦力外となった選手を連れてきて、再び活躍できるよう生まれ変わらせた例も数知れず。いわゆる「野村再生工場」である。本当の武器を選手に気付かせ、勝てる場所を与えたのだ。政府が新年度から、不況でまともに就職できないまま中年になった「氷河期世代」対策を本格化させるという。情報提供や教育訓練、雇用創出が主だが、最も必要なのは野村さんのように才能を見抜き、輝ける場を見つける名伯楽でないか

 ▼夢を忘れた人、自信を失った人もいよう。ただ、もともと能力は高いのに、生かす場がなかった世代である。再生の機会を用意するのはこの社会の責務だろう。「あなたに会えて ほんとうによかった」。そう言える出会いが全国で数多く生まれるといいが。


児相の責任放棄

2020年02月21日 09時00分

 放っておけない―。地域包括ケアを先導してきた鎌田實諏訪中央病院名誉院長はそんな気持ちに駆り立てられてきたらしい

 ▼若いころ無医地域に飛び込み、力及ばず亡くなっていく人を大勢見た。当時は制度的な助けもない。文句を言っていても仕方がないと、できることから少しずつ始めたそうだ。健康相談や「寝たきり」の人のケアなどである。すると徐々に病人は減り、住民にも認められるようになったという。多くの経験を経て、鎌田先生はこう確信したそうだ。「結局、見て見ぬふりをしないことが大切」。『トットちゃんとカマタ先生のずっとやくそく』(新潮文庫)で知ったことである。それに引き替え、苦しむ人を救う使命は同じなのにこの対応の違いはどうしたことか

 ▼神戸市の児童相談所が10日、午前3時頃に助けを求めて来た小6女児を保護することなく追い返していた。対応したのは委託を受けていたNPO法人の男性職員。インターホン越しに警察へ行くよう促すだけで済ませたらしい。これでは面倒を避けるため、〝放っておきたい〟と考えたと思われても仕方ない。「児童相談」の看板が泣く。幸い女児はその足で交番に向かい無事保護されたという

 ▼神戸に限らず予算不足のため質の低い団体に委託せざるを得ない現状もあると聞く。総務省は新年度、児相を設置する地方自治体への補助を拡充するそうだ。これで人件費や活動費を厚くできる。虐待が絶えない中で児相の役割はますます重要だ。予算を有効に使い、見て見ぬふりをしない社会づくりを確実に前へ進めてほしい。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,081)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,924)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,133)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,490)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。