道がIRで道民意向調査

2019年08月09日 09時00分

 
 ニセコを世界に通用するブランド「NISEKO」に押し上げた立役者の一人に、ニセコアドベンチャーセンター(NAC)社長のロス・フィンドレー氏がいる

 ▼ニセコの雪質が気に入り、1992年にオーストラリアから倶知安町に移住してきた人である。スキーのインストラクターをしていたが、夏は仕事がない。アウトドア関連の仕事もほとんどなかったため、建設会社で働きながら生活を維持していたという。そんなときに思い付いたのがラフティング、尻別川の急流下りだったそうだ。これをきっかけにニセコ観光の通年化が進み、今の国際リゾートにつながっていったのである。観光資源は雪だけ、アクセスが悪い、若者は出ていく…。弱点にばかり捉われていれば今のニセコはなかったろう

 ▼IR(カジノを含む統合型リゾート)誘致を巡る議論を聞いていると同じ懸念を感じる。カジノを弱点と考えるあまり、交流人口や雇用の増加による本道発展の可能性まで議論しにくくなっているのでないか。IRは老若男女、人種、国籍の垣根を超えて誰もが楽しめるリゾートとして構想されている。重要なのは国際会議を開けるMICE施設やテーマパーク、ショッピングモール、ホテルなどが一つのエリアに存在すること。経済波及効果はかなり大きなものになろう
 
▼道は近く、意向把握のため無作為に抽出した一定数の道民を対象とするグループインタビューに乗り出すそうだ。フィンドレー氏が先入観に曇らされていない目でニセコを再発見したように、将来を見据えた深い議論ができるといい。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,093)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,960)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,495)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,469)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,302)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。