成長率0.7%に上方修正 北洋銀の19年度道内経済見通し

2019年08月09日 07時00分

 北洋銀行は8日、2019年度の道内経済見通しを発表した。実質成長率について、18年12月に発表した当初予測から0.1ポイント上方修正し、0.7%とした。公共投資と設備投資が拡大していることが主因。プラス成長が実現すれば3期連続となる。物価変動の影響を受ける名目成長率は1.5%とした。

 設備投資の成長率見通しは、当初予想ではマイナス0.5%だったが、プラス4.8%へと大きく引き上げた。道内各地でホテルや空港、エネルギー施設関連の投資が活発であること、また、札幌など都市部での再開発が順調に進んでいることなどを反映した。

 公共投資は5.3%から9.2%に上げた。北海道開発事業費が、「臨時・特別の措置」などによって前年度比で14.7%増加した。18年度補正予算に計上された北海道胆振東部地震復旧、復興工事の執行も本格化している。

 悪化したのが住宅投資。マイナス1.3%の当初予想をマイナス7.2%に下方修正した。これまでけん引役だった貸家の動きが予測以上に減速しているため。持ち家や分譲戸建ては、低金利、消費増税前の駆け込み需要などに支えられてプラス成長となりそうだが、貸家の減速をカバーするには至らないという。

 個人消費、政府最終消費支出の成長見通しは0.3%、0.8%と変更しなかった。スーパー、コンビニエンスストアなどの月次販売額は前年同月比プラスで推移。幅広い業種で賃上げが進み、最低賃金も引き上げ見通しであるなど雇用環境も良好だが、消費増税に伴う心理的な影響などから、拡大ペースは前年より鈍化するとしている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,093)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,960)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,495)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,469)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,302)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。