成長率0.7%に上方修正 北洋銀の19年度道内経済見通し

2019年08月09日 07時00分

 北洋銀行は8日、2019年度の道内経済見通しを発表した。実質成長率について、18年12月に発表した当初予測から0.1ポイント上方修正し、0.7%とした。公共投資と設備投資が拡大していることが主因。プラス成長が実現すれば3期連続となる。物価変動の影響を受ける名目成長率は1.5%とした。

 設備投資の成長率見通しは、当初予想ではマイナス0.5%だったが、プラス4.8%へと大きく引き上げた。道内各地でホテルや空港、エネルギー施設関連の投資が活発であること、また、札幌など都市部での再開発が順調に進んでいることなどを反映した。

 公共投資は5.3%から9.2%に上げた。北海道開発事業費が、「臨時・特別の措置」などによって前年度比で14.7%増加した。18年度補正予算に計上された北海道胆振東部地震復旧、復興工事の執行も本格化している。

 悪化したのが住宅投資。マイナス1.3%の当初予想をマイナス7.2%に下方修正した。これまでけん引役だった貸家の動きが予測以上に減速しているため。持ち家や分譲戸建ては、低金利、消費増税前の駆け込み需要などに支えられてプラス成長となりそうだが、貸家の減速をカバーするには至らないという。

 個人消費、政府最終消費支出の成長見通しは0.3%、0.8%と変更しなかった。スーパー、コンビニエンスストアなどの月次販売額は前年同月比プラスで推移。幅広い業種で賃上げが進み、最低賃金も引き上げ見通しであるなど雇用環境も良好だが、消費増税に伴う心理的な影響などから、拡大ペースは前年より鈍化するとしている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,966)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,966)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,697)
仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (1,634)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,630)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。