旭川・北彩都、最後の2区画売却へ 9月10日に公告

2019年08月20日 07時00分

 旭川市は9月10日、北彩都あさひかわ地区最後の2区画売却を一般競争公告する。対象は旭川市総合庁舎建て替え候補地の一つだった宮下通11丁目2と同12丁目1。10月ごろに現地説明会を開き、2020年3月に入札する予定だ。

 JR旭川駅周辺の北彩都あさひかわ地区は、20区画からなり、これまで18区画を販売。現在は宮前2条1丁目2(1万7500㎡)の森山病院新築、宮前1条1丁目7(1550㎡)の賃貸マンション北彩都テラス新築が進んでいる。

 今回販売するのは、宮下通11丁目2の3041㎡と同12丁目1[MAP↗]の7693㎡。近くには北彩都団地、ホテルラッソグランデ旭川などがある。

 用途地域はどちらも商業地域で建ぺい率80%、容積率400%。想定価格は宮下通11丁目2が1億6000万円、同12丁目1が3億9000万円となっている。

 公告に向けて最低基準価格や入札参加要件、開札までのスケジュールなどを調整中。市によると、既に10社近い事業者から問い合わせが来ているという。


関連キーワード: 上川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,882)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,685)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,634)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,888)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,746)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。