十勝川でアイヌ伝統儀式 地元の建設業者も協力

2019年09月10日 12時00分

 十勝川に遡上(そじょう)するサケを捕獲し、カムイ(神)に感謝の祈りをささげるアイヌ民族の伝統儀式「アシリチェプノミ」が8日、音更町内の十勝エコロジーパークで行われた。30年ぶりに復活した昨年に続く2回目の開催。道内各地のアイヌの人々や帯広市内の建設業者も協力し、アイヌ文化の承継に努めた。

 アシリチェプノミは、十勝管内のアイヌ協会で組織する実行委員会が主催。北海道アイヌ協会理事である小川建設工業(本社・本別)の小川哲也社長が実行委員長を務める。帯広市内の建設業者や建設コンサルタント、地域住民らで組織する十勝川中流部市民協働会議が協賛し、開催への申請行為や会場設営などに協力した。

伝統儀式で十勝川の恵みに感謝した

   この日は、かわまちづくりに取り組む池田町の勝井勝丸町長や地域住民も参加。川を遡上するサケを捕獲してカムイに感謝する「カムイノミ」では、先祖が帯広にルーツを持つ阿寒アイヌ協会の広野洋会長が指揮を執り、いろりに酒や穀物、たばこの葉を供えて厳かに祈りをささげた。

 帯広カムイトウウポポ保存会によるアイヌ民族の伝統舞踊や、アイヌ料理の試食、「マレク」というサケの伝統漁法体験も実施。小川委員長は「多くの人がアイヌ文化を楽しんでくれてありがたい。今後も儀式を続け、アイヌ文化への理解が広がれば」と願っている。
 


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 東宏
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,074)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,459)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,232)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,866)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,236)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。