大林組が京極町に地熱発電所構想 可能性調査に向け20年度に掘削

2019年11月15日 12時30分

 大林組は2020年度、京極町で地熱発電所の可能性調査に向けた掘削を始める。早ければ5月ごろから林道拡幅などに取り掛かる。

 掘削場所は京極町春日を流れるペーペナイ川に設置された京極ダムの上流。17年から3カ年かけて、熱源の事前調査をした結果、約1万㌔㍗の地熱発電が可能と推測した。発電は地中から噴き出す蒸気を利用するフラッシュサイクル方式を想定している。

 国有林野内のため、北海道森林管理局から試掘のために0・395haの開発許可を得た。これまでの表面調査を継続するとともに、熱源の試掘を進める。

 大林組は100%子会社の大林クリーンエナジーが全国で太陽光28カ所、バイオマス、風力各1カ所の発電所を運営。道内では釧路町、登別市、伊達市の3カ所で太陽光発電を実施している。

(北海道建設新聞2019年11月14日付2面より)


関連キーワード: エネルギー 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,693)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,487)
ゼネコン大手4社の20年3月期第2四半期決算
2019年11月18日 (2,107)
新小樽駅周辺のイメージ動画を公開 新幹線建設促進小樽期成会
2019年11月28日 (1,737)
札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (1,216)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第173回は「激辛」。ビタミンや亜鉛 が不足すると、味覚が鈍磨し、辛い物 を好むようになる場合も。

特集 中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~
巨大な中国市場に挑戦する日系企業と 成長を続ける中国企業の現状を紹介。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。