大林組が京極町に地熱発電所構想 可能性調査に向け20年度に掘削

2019年11月15日 12時30分

 大林組は2020年度、京極町で地熱発電所の可能性調査に向けた掘削を始める。早ければ5月ごろから林道拡幅などに取り掛かる。

 掘削場所は京極町春日を流れるペーペナイ川に設置された京極ダムの上流。17年から3カ年かけて、熱源の事前調査をした結果、約1万㌔㍗の地熱発電が可能と推測した。発電は地中から噴き出す蒸気を利用するフラッシュサイクル方式を想定している。

 国有林野内のため、北海道森林管理局から試掘のために0・395haの開発許可を得た。これまでの表面調査を継続するとともに、熱源の試掘を進める。

 大林組は100%子会社の大林クリーンエナジーが全国で太陽光28カ所、バイオマス、風力各1カ所の発電所を運営。道内では釧路町、登別市、伊達市の3カ所で太陽光発電を実施している。

(北海道建設新聞2019年11月14日付2面より)


関連キーワード: エネルギー 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,031)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (2,072)
仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,031)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,594)
札幌北5西1・西2再開発を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,510)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。