大林組が京極町に地熱発電所構想 可能性調査に向け20年度に掘削

2019年11月15日 12時30分

 大林組は2020年度、京極町で地熱発電所の可能性調査に向けた掘削を始める。早ければ5月ごろから林道拡幅などに取り掛かる。

 掘削場所は京極町春日を流れるペーペナイ川に設置された京極ダムの上流。17年から3カ年かけて、熱源の事前調査をした結果、約1万㌔㍗の地熱発電が可能と推測した。発電は地中から噴き出す蒸気を利用するフラッシュサイクル方式を想定している。

 国有林野内のため、北海道森林管理局から試掘のために0・395haの開発許可を得た。これまでの表面調査を継続するとともに、熱源の試掘を進める。

 大林組は100%子会社の大林クリーンエナジーが全国で太陽光28カ所、バイオマス、風力各1カ所の発電所を運営。道内では釧路町、登別市、伊達市の3カ所で太陽光発電を実施している。

(北海道建設新聞2019年11月14日付2面より)


関連キーワード: エネルギー 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,134)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,162)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,528)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,204)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,095)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。