IRの早期判断を鈴木知事に要請/道内経済・建設8団体

2019年11月26日 14時00分

 鈴木直道知事と道内関係団体による2回目の意見交換会が25日、道庁本庁舎で開かれた。今回は北海道経済連合会や北海道建設業協会など経済や建設の8団体から代表者が出席。人材不足への対応や観光振興の課題を確認したほか、統合型リゾート(IR)については8団体が共同で誘致に関する要望書を知事に手渡し、早期判断を求めた。

 来年度の予算編成を控えて、政策検討や官民連携の推進を図るため開催しているもの。3回に分けて、計21団体と意見を交わす。

各団体の代表者が集まり知事と情報共有を図った

 道経連の真弓明彦会長、北海道商工会議所連合会の岩田圭剛会頭、北海道経済同友会の石井純二代表幹事らが訪れた。

 鈴木知事は「北海道が持つ価値をさらに高めるためには、戦略的な政策作りが何よりも必要だ」と述べ、さまざまな課題や困難にオール北海道で取り組んでいく考えを示した。

 観光面では、食と観光による外需取り込み、民族共生象徴空間(ウポポイ)や東京五輪マラソン・競歩の札幌開催での魅力発信について認識を共有。ICTなどの活用で経済発展と社会的課題の解決を目指す「Society5・0」では、スマート農業、衛星データ活用、宇宙開発、自動走行技術に力を注いでいくことを確認した。

 建設産業では、人材育成・確保やICTなどの活用による生産性向上が話題となり、道建協側はICT建設機械が高額なことや、ICTに対応できる専門的知識を持った人材が不足している問題を説明。鈴木知事は、道としても人材確保・育成に努めていくとともに、ICT活用は対象や規模を拡大しながら推進する考えを示した。

 また、統合型リゾート(IR)に関しては、会合後に道経連の真弓会長が、要望書の手交を行ったことを報道陣に説明。「IRは経済効果や波及効果があり、本道の課題解決と持続的発展につながる」とし、誘致を早期に判断するよう申し入れたことを説明した。

(北海道建設新聞2019年11月26日付1面より)
 


関連キーワード: IR

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,775)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。