百年記念塔、解体反対 考える会が知事に質問状

2019年12月03日 09時30分

 建築設計者らで構成する北海道百年記念塔の未来を考える会は2日、記念塔の解体に反対を表明し、鈴木直道知事宛てに公開質問状を提出した。専門的な見地から鉄骨の損傷は限定的で、改修費を削減できる余地があるとし、解体方針の再検証を提案。解体を進めようとする技術的な根拠の開示などを求めた。

 百年記念塔[MAP↗]は開設から約50年が経過。近年では外板の腐食やさび片の落下が目立ち、利用者も減少していた。道は、今後50年間の改修・維持に25億円程度かかるとの想定を踏まえ、2018年12月に取りまとめた百年記念施設の再生構想で記念塔の解体を正式に決定した。

 北海道百年記念塔の未来を考える会は、日本建築家協会北海道支部の会員建築士有志が中心となり、記念塔を保存できない根拠の再検討を促すために発足。

 この日、記念塔の設計者である井口健氏を含む計36人の連名で公開質問状を提出。建築構造技術者ら学識経験者の意見から、記念塔を支える鉄骨自体の損傷は限定的で、改修コストを大幅に下げる技術的な方法に検討の余地があると主張。その上で、記念塔の解体は拙速な判断であるとし、公募による技術的ワーキンググループが再検証を実施すべきと強調した。

 また、記念塔解体の決定に至った具体的な根拠や事業を急いで進める理由、記念塔が倒壊の危機にあるとする技術的根拠などについて、20年1月31日までに回答するよう求めた。

(北海道建設新聞2019年12月3日付より)


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • イイファス
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,350)
ゼネコン大手4社の20年3月期第2四半期決算
2019年11月18日 (1,865)
19年度上半期のゼネコン受注ランキング/首位は中山組
2019年11月11日 (1,660)
札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (1,472)
新小樽駅周辺のイメージ動画を公開 新幹線建設促進小樽期成会
2019年11月28日 (1,456)

連載・特集

特集 中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~new

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~
巨大な中国市場に挑戦する日系企業と 成長を続ける中国企業の現状を紹介。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第172回は「グラッパ」。イタリアの 食後酒で、フルーティーでさわやかな 香りとすっきりした後味が特徴です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。