百年記念塔、解体反対 考える会が知事に質問状

2019年12月03日 09時30分

 建築設計者らで構成する北海道百年記念塔の未来を考える会は2日、記念塔の解体に反対を表明し、鈴木直道知事宛てに公開質問状を提出した。専門的な見地から鉄骨の損傷は限定的で、改修費を削減できる余地があるとし、解体方針の再検証を提案。解体を進めようとする技術的な根拠の開示などを求めた。

 百年記念塔[MAP↗]は開設から約50年が経過。近年では外板の腐食やさび片の落下が目立ち、利用者も減少していた。道は、今後50年間の改修・維持に25億円程度かかるとの想定を踏まえ、2018年12月に取りまとめた百年記念施設の再生構想で記念塔の解体を正式に決定した。

 北海道百年記念塔の未来を考える会は、日本建築家協会北海道支部の会員建築士有志が中心となり、記念塔を保存できない根拠の再検討を促すために発足。

 この日、記念塔の設計者である井口健氏を含む計36人の連名で公開質問状を提出。建築構造技術者ら学識経験者の意見から、記念塔を支える鉄骨自体の損傷は限定的で、改修コストを大幅に下げる技術的な方法に検討の余地があると主張。その上で、記念塔の解体は拙速な判断であるとし、公募による技術的ワーキンググループが再検証を実施すべきと強調した。

 また、記念塔解体の決定に至った具体的な根拠や事業を急いで進める理由、記念塔が倒壊の危機にあるとする技術的根拠などについて、20年1月31日までに回答するよう求めた。

(北海道建設新聞2019年12月3日付より)


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,029)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,491)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,469)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,124)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (984)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。