コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討

2019年12月12日 16時30分

 会員制の倉庫型店舗を世界展開しているコストコホールセール(本社・米国)が、道内2カ所目となる出店の候補地として石狩湾新港地域を検討していることが11日、分かった。既に同社幹部は、工業団地を分譲する石狩開発(同・石狩)などと接触し、用地契約に向けて最終調整に入っているもようだ。売買に向けた準備が進み、現地では造成工事に着手している。来春にも作業を終える見通しだ。 

 出店候補地として造成工事を進めているのは、国道337号と国道231号が交差するジャンクションの近くの新港南2丁目100の1[MAP↗]で、敷地面積は約16・7ha。コストコホールセールは、このうち建設用地として約8haを取得するもよう。

 複数の関係者によると、ことし5月から数回、同社幹部が石狩市を訪問し、石狩開発など関係者らと、出店に向けた協議を進めてきた。候補地は特別業務地区であるため、店舗を建設するには、都市計画を変更する必要があり、来年早々にも市の都市計画審議会に諮問する動きが出ている。

 同社が国内に出店する倉庫型店舗は、現地法人のコストコホールセールジャパン(本社・神奈川県)が展開し、日本初の店舗は、1999年の福岡県久山町にある久山倉庫店。2019年10月1日現在では、東京都や千葉県などを含む26店舗が営業する。道内では08年に、札幌市清田区の札幌倉庫店が開業した。

 日本国内での出店条件として、半径10㌔の人口が100万人以上などを設定。石狩市は札幌市に隣接しており、商圏として条件を満たすことから候補地に挙がったとみられる。

 周辺では、スーパーホテルが20年3月開業に向けて準備を進めているほか、イオン北海道が大型の物流施設新設を計画。石狩湾新港地域は、港湾を中心とする物流拠点に加え、商業という新しい一面を持ち始めようとしている。

(北海道建設新聞2019年12月12日付1面より)


関連キーワード: 店舗 石狩

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,744)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,524)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (2,163)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,949)
仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (1,858)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。