JFEテクノスに依頼へ 幌延町オトンルイ発電所建て替え

2019年12月21日 10時00分

 JFEエンジニアリングと幌延町が出資する幌延風力発電(幌延町浜里32の4、金森聖一社長)は、オトンルイ風力発電所建て替えをJFEテクノスに依頼する予定だ。現状と同じ総出力2万1000㌔㍗を想定。2023年4月の着工、24年12月の運転開始を目指している。

 環境影響評価方法書の縦覧を13日に開始。準備書、評価書の届け出などを経て着工する。

 浜里地区にある現発電所は単機出力750㌔㍗の発電機28基を設け、03年9月に稼働。経年劣化が進む発電機を更新し、継続的な運用を目指す。

 設計はJFEエンジニアリングが担当。基本設計を進めていて、20年度に詳細設計を予定する。

 計画によると、事業実施区域は浜里地区の約100haで、単機出力2350―4300㌔㍗の発電機を5―9基設置。風車はプロペラ3枚とし、ローター直径は82―130m、高さ119―150m、ハブ高さ78―85mで、6機種から検討中だ。

 既設発電機は杭基礎を採用しているが、現地調査の結果を踏まえて基礎を決定。変電施設や送電線は既存設備を極力活用し、現地調査の結果次第で更新する。

 工期は約2年で撤去と更新を同時に進める。冬季は施工しない。

 23年4―9月に機材搬入路とアクセス路の拡幅、同4月―24年11月に既設風力発電機の撤去を実施。23年8月―24年5月に風車組み立てヤードの造成・基礎、24年8―10月に風力発電機据え付け、風力発電機間の配電線や必要に応じて変電施設・送電線を施す。試運転は24年9―12月を予定している。

(北海道建設新聞2016年12月16日付2面より)


関連キーワード: エネルギー 宗谷 風力発電

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,221)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,120)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,743)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,517)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,513)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。