236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建

2020年02月10日 13時00分

 帯広開建は2020年度、236号帯広市稲田―川西間約3㌔の4車線化に向けて計画検討に着手する方針だ。帯広市都市計画道路3・3・6大通に指定されている区間を4車線化するもので、今回の整備により計画区間全体の完了を目指す。整備計画検討業務は1月31日に簡易公募型プロポーザルで公告し、5月14日に委託者を決定する予定。早期着工や円滑な事業推進に向け、効果的な整備計画を練る。

 帯広市内を走る236号のうち、38号との交点から南帯橋手前までは都市計画道路3・3・6大通に指定されており、起点から帯広広尾自動車道の橋梁下付近までを対象に4車線化を進める。起点からコメリパワー帯広南店などが立地する稲田町東1線付近までの区間は、09年度に4車線化と両側歩道整備が完了。そこから終点までの約3㌔は車道2車線で、大半が西側の片側歩道となっているため、整備済みの4車線区間と同様に拡幅を図る。

 2車線区間は車道8・5m、歩道3mの全幅11・5m。これを既存4車線区間に合わせて拡幅すると、車道は中央分離帯付きの18m、歩道は両側4・5mの全幅27mとなる。

 計画検討後は、設計、施工という流れになるが、用地買収を伴う見通し。20年度に進める計画検討業務では、円滑に事業を実施するための効果的なスケジュールを探るほか、準備段階調査箇所として地域採択を受けた音更町内の道東自動車道仮称・長流枝スマートIC設置に向けた道路連結施設に関する調査などにも取り組む。

(北海道建設新聞2020年2月7日付9面より)


関連キーワード: 十勝 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (4,315)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,316)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,554)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (1,950)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,681)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地

ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地
本道企業から注目を集めるノボシビルスク。高度人材の輩出地、新ビジネスの発信地の最前線をレポートする。