日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い

2020年04月14日 10時00分

新技術導入、一丸で夢実現

 北海道の新たなシンボルと期待される北海道日本ハムファイターズの新球場・ボールパーク「エスコンフィールドHOKKAIDO」。開業は2023年3月。大林組札幌支店前副支店長で、施工者の大林組・岩田地崎建設特定建設工事共同企業体北海道BPJV工事事務所の竹中秀文所長は「緊張はあるが誰もが経験できることではない」と13日の起工式を前に、現場への思いを語る。(建設・行政部 瀬端 のぞみ記者)

 建設地は北広島市共栄263[MAP↗]。球場の規模はS一部RC造、地下2地上6階、延べ約12万m²。収容人数は約3万5000人。屋根は開閉式で、北海道の歴史を感じさせる切り妻型屋根。フィールドの芝は天然芝となる。設計は大林組と米国で球場設計の実績があるHKSが担当。

 巨大な開閉式の屋根について竹中所長は「地上で組み立てた、大きい物で約60㌧という重量鉄骨部材をベント上で合体しスライドする工法を採用する。難易度の高い工事」と緊張をにじませる。

 このBP関連建設が自身にとって道内で初めての工事で、完成までに3度の冬を越す。札幌に赴任して見学した冬季施工中の現場は、仮設の屋根や採暖・温水設備を活用し「厳しい環境でも工事を中断せず、一手間、二手間もかけて造る姿がとても感動的だった」。今回の新球場建設でも仮設の屋根などを備え3シーズンの冬季施工をする。

 事務所には大林組の各支店から職員が配属されている。歴史に残る建物の施工に携わり、技術や知識を持ち帰ることを目的に全社的に取り組んでいる。女性職員の配属も積極的で10人の女性が活躍する。事務所は活気にあふれていて「みんなのベクトルが同じ方向に向き、世界がまだ見ぬボールパーク建設に挑戦する気持ちで取り組んでいる」と、各地から集まった社員に期待を寄せている。

 現場に従事する作業員にも同様の期待を抱いていて「事務所内に完成イメージ図を掲示し、こういう球場を造るんだという気持ちを高めると同時に、われわれが作業員の方々の潜在能力を引き出して、共に夢をかなえたい」と意気込む。

建設地を前に夢や思いを話す竹中所長(右)。嶋田樹副所長と現場を率いる

 工事が本格化すると、1日平均1000人、最盛期は2000人程度の作業員が入場する。工種が多岐にわたるだけではなく、多数の協力会社が参画し、超大型重機を導入するため、各種管理にはICTを導入し生産性向上を図る。

 顔認証システムで入退場を把握する。事務所内のモニタリングスペースに設置した6面の大型液晶モニターには、現場に設置したカメラで一括監視し、現場の状況確認、進捗(しんちょく)・品質・安全管理に活用する。入退場の状況・環境モニタリングなどの情報をタイムリーに共有する。

 最先端の技術導入は建設業界に与える効果も大きく「大規模な現場で大々的に新技術を取り入れ、生産性向上につなげることで業界の悪いイメージを変えることができる。若い世代に建設業に携わりたいと思ってほしい」と話す。

 新球場は北広島市にとっても悲願の誘致。そして、道民や全国の野球ファンが躍動感ある選手のプレーを待ちわびている。「世界がまだ見ぬボールパークをつくろうという言葉は、建設業に携わる者の心を震えさせる。完成まで苦労があることは承知しているが、一丸となって造り上げたい」と強い覚悟を示す。

(北海道建設新聞2020年4月13日付1面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,469)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,040)
旭川―芦別間バス廃止で代替交通実証実験へ 旭川市...
2021年05月28日 (1,137)
カレスサッポロの医療センター 病院にホテルやオフィ...
2019年10月13日 (961)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (919)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 試される木造
道内へ忍び寄る
ウッドショック
new

ウッドショックの構造をひもとくとともに、対応に追われる道内企業の最前線に迫った。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。