大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高

2020年05月07日 15時00分

 北海道建設新聞社は、2019年度のゼネコン道内受注高ランキングをまとめた。首位は仮称・北海道ボールパークなどを受注し約690億円に達した大林組。企業単独の受注額としては、調査の集計方法を暦年から年度に変更した07年度以降で最高額となった。以下は大成建設、岩田地崎建設、戸田建設と続き、上位4位までが300億円以上を確保した。上位10社は道内企業と道外企業とで半々。大林組と戸田建設が07年度以降の過去最高額を更新した。上位50社の受注総額は18年度比12.2%減の6792億7479万8000円。民間建築が過去最高額だった18年度に次ぐ約3800億円を積み上げたことにより、受注総額も過去2番目に高い数字となっている。

 大林組は、第4四半期(1―3月)に北海道日本ハムファイターズの新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」の受注により約610億円を上乗せした。民間建築でトップになり受注額も689億7600万円に到達。第3四半期(10―12月)末の17位から首位に躍り出た。道北風力の川西ウィンドファーム建設を請け負っている。

 大成建設は480億108万円を受注。幌延深地層研究センターの地下研究施設整備第2期2次工事や、クボタの苫小牧倉庫棟新築を積み上げ、第4四半期に約320億円を増やして2位につけた。

 3位は岩田地崎建設で受注額は403億5592万円。札幌臨床検査センター本社ビルや札幌市北区北6条西1丁目のホテル、札幌トヨタ自動車北光支店などの新築工事を積み上げ、第4四半期だけで約150億円増加した。

 北海道建設新聞2020年5月2日付の一部を抜粋。1、4、5面には表による業者別受注高ランキングを掲載しています。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,180)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,389)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,968)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,805)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,172)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。