CFで医療従事者など支援 北海道経営未来塾

2020年05月09日 10時00分

 道内の若手経営者を育成する北海道経営未来塾は、新型コロナウイルス対策の最前線で闘っている医療従事者ら社会生活を支える「エッセンシャルワーカー」の支援に乗り出す。未来塾1期生から5期生までの有志が結集。ウェブサイトを開設し、支援金を募るクラウドファンディングを開始した。

 未来塾は地域社会への貢献をコンセプトに掲げる。これまで企業個別に支援を続けてきたが、プロジェクトとして活動拡大をもくろむ。困難な状況下で働く医療従事者や行政職員、スーパー販売員といったエッセンシャルワーカーの一助になると同時に、リスペクトの精神を社会全体に広げる狙いだ。

 5日にクラウドファンディングを開始。資金は500万円をめどにマスクや防護服などの提供に当てる予定だ。透明性を重視し、支援者名や集まった金額、いつどこに何をどれだけ支出したかは公開。民間企業ならではのスピード感を武器に取り組む。

 長内順一塾長は「企業は地域のリーダーになることが必要で、社会貢献を世界中に広めたい」と話している。

(北海道建設新聞2020年5月8日付2面より)


関連キーワード: クラウドファンディング 医療

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,721)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,501)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,205)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,085)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (874)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。