CFで医療従事者など支援 北海道経営未来塾

2020年05月09日 10時00分

 道内の若手経営者を育成する北海道経営未来塾は、新型コロナウイルス対策の最前線で闘っている医療従事者ら社会生活を支える「エッセンシャルワーカー」の支援に乗り出す。未来塾1期生から5期生までの有志が結集。ウェブサイトを開設し、支援金を募るクラウドファンディングを開始した。

 未来塾は地域社会への貢献をコンセプトに掲げる。これまで企業個別に支援を続けてきたが、プロジェクトとして活動拡大をもくろむ。困難な状況下で働く医療従事者や行政職員、スーパー販売員といったエッセンシャルワーカーの一助になると同時に、リスペクトの精神を社会全体に広げる狙いだ。

 5日にクラウドファンディングを開始。資金は500万円をめどにマスクや防護服などの提供に当てる予定だ。透明性を重視し、支援者名や集まった金額、いつどこに何をどれだけ支出したかは公開。民間企業ならではのスピード感を武器に取り組む。

 長内順一塾長は「企業は地域のリーダーになることが必要で、社会貢献を世界中に広めたい」と話している。

(北海道建設新聞2020年5月8日付2面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (8,922)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,181)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,482)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,349)
首位は戸田建設 4―6月のゼネコン道内受注高
2020年08月18日 (1,120)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。