斬新なデジタルサイネージなど提供 ネットドア

2020年06月22日 18時00分

 デジタルサイネージ・LEDビジョンの製造・販売を手掛けるネットドア(本社・札幌)は、設計からシステム開発・企画、コンテンツ制作、設置、運用、管理までをワンストップで提供する。鏡に埋め込むタイプのデジタルサイネージなど、斬新なコンテンツを生み出し、注目されている。

鏡下部に埋め込み 滞在時間を有効活用

鏡の下半分で広告を表示できる「MirrorSign」

 「MirrorSign(ミラーサイン)」は、鏡に埋め込むタイプのデジタルサイネージだ。美容室などに提案。鏡の下部スペースを有効に使い、映画や広告を流せる。

 女性が美容室に滞在する平均時間は約1時間46分。鏡の前に座っている時間が長いため目を引きつけることができる。自社サービスや商品を宣伝すると、販売促進になる。鏡を取り換えるだけで利用できるカスタマイズタイプ、鏡台とセットになっている鏡台セットオリジナルモデルの2種類を用意している。

 このほか、自動ドアのガラスの間に透過ビジョンを埋め込んだ「自動ドア一体型シースルーLEDビジョン」など斬新なコンテンツを生み出している。「サイン(広告)からコミュニケーション(ツール)へ」がコンセプト。見ている人が楽しめるようなエンターテインメント性を重視し、開発に取り組む。

スマホでオーダー コロナ禍にも安心感

スマホで注文ができるセルフオーダーシステム「i―Order」

 コロナ禍で注目されるのが、スマートフォンで注文ができるセルフオーダーシステム「i―Order」。アプリ不要で、スマホでQRコードを読み込むだけで注文が可能だ。

 顧客がスマホでオーダーすると、クラウドに内容が入る。管理用マスタータブレットにオーダー指示が出されるほか、厨房(ちゅうぼう)のキッチンプリンターからオーダー内容がプリントアウトされる。

 飲食店やホテルのルームサービスなどで活用されている。最近はデリバリー業務を展開する店からの引き合いが増加。オンラインで注文が完了すれば、電話がつながらず注文を諦めることによる売上損失を防げる。

 テーブルにタブレットを置き注文をとるテーブルオーダーシステムは、管理の手間やメンテナンス費がかかる。新型コロナウイルスの影響でタッチパネルに触りたくないと感じる人が増えると、自分のスマホから注文できるi―Orderの需要も高まるとみている。

 将来的には天気などのデータを基にメニューを売れそうな順に並び替えたり、性別や年代を入力するとお勧めを提示する機能の搭載を考えている。また、観光分野に貢献できる試みにも力を入れる。

 藤田知直取締役COOは今後の目標に関し、「利便性の追求とデジタルマーケティングを活用し、得たデータを基にさらなる新しいサービスを展開したい」と意欲を示す。

(北海道建設新聞2020年6月19日付3面より)


関連キーワード: 新製品

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (8,916)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,185)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,479)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,376)
首位は戸田建設 4―6月のゼネコン道内受注高
2020年08月18日 (1,124)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。