北彩都最終区画売却を9月にも再公告 旭川市

2020年08月04日 15時00分

 旭川市は、9月にも北彩都あさひかわ地区最終区画の売却を一般競争公告する方針だ。対象は3月の入札で不調に終わった宮下通12丁目1で、公告内容は最低基準価格の変動を除いて前回に準拠する見込み。10月の現地見学会、12月までの入札を想定している。

 JR旭川駅周辺の同地区は、全20区画中19区画の販売を終えている。

 残る1区画となる宮下通12丁目1は、宅地7694m²で用途地域が商業地域。不調対策で分割売却も検討したが、1区画として一般競争入札することにした。

 前回の最低基準価格は3億8970万円。市は、不動産鑑定士など土地評価の第三者委員会に諮問した後、最低基準価格を再設定して公告する。委員会は8月上旬までに開く見通しだ。

 お盆前に市のホームページで公告し、事前周知する。

(北海道建設新聞2020年8月3日付2面より)


関連キーワード: 上川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,105)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,169)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,520)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,188)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,121)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。