現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生

2020年09月04日 15時00分

立ち並ぶ親杭を望む旭川工高生

 旭川市の芯を貫いて、市民を支える柱が幾筋も空へ伸びる。長年、市政の中心となってきた現総合庁舎に見守られる形で、新総合庁舎が立ち上がりつつある。傍らには、ベテラン技術者に指導を受ける未来のエンジニアたち。風景が重なった。

 8月31日、旭川建設業協会主催の学生向け現場見学会を取材し、旭川市発注の総合庁舎建て替え新築の現場に入った。

 2020年3月31日に着工し、現在は地下の掘削が進み、作業構台の設置に向けて親杭が並ぶ。23年8月31日まで延べ41カ月、冬季休工を除くと実質35カ月半で、地下1地上9階の新庁舎が誕生する。その土台を造成している真っただ中だ。

 地下はRC造で、地上はS造。地階の下は直接基礎で、厚さ3・5mほどのコンクリート面が高さ44・1m、建築面積3675m²の庁舎を支えることになる。地階の周りは深さ11―12mの杭基礎106本が囲む。

 親杭と構台は、新たな足場にバトンを渡して姿を消すが、仕上げた土台は50年、100年と残り続ける。新庁舎が完成するのは3年後の夏。今夏、初めて現場に足を踏み入れ先輩技術者の話に目を輝かせた旭川工高建築科1年生たちが、旭川を支える現場人生の端緒に就いている頃合いだ。(旭川支社・門間 康志記者)

(北海道建設新聞2020年9月3日付10面より)


関連キーワード: 庁舎

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,105)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,169)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,520)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,188)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,121)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。