20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路

2020年11月21日 10時00分

函館開建が報道機関向けに現場公開

 函館開建は12日、2020年度内の開通を目指し急ピッチで進められている函館新外環状道路空港道路の施工現場を報道機関向けに公開した。事業に対する理解を深めてもらうほか、報道を通じた市民への周知などを図るのが目的で、整備効果や技術面などの疑問に答えた。

河崎所長(左から2人目)が整備効果や技術面の工夫などを解説した

 延長約10㌔の地域高規格道路である同路線は、14年度に函館IC―赤川IC間2・4㌔が開通。現在は赤川IC―函館空港IC間7・6㌔を施工中だ。橋梁などの作工物や改良工事はほぼ完了し、路盤や舗装、電気設備、標識関連の作業を残すのみとなっている。

 この日は函館空港IC、日吉IC、赤川ICの3カ所を公開。函館道路事務所の河崎拓実所長が整備概要や期待される効果などを解説した。

 河崎所長は整備効果について「函館新道や函館江差自動車道との高速ネットワークがつながる」と述べ、観光地へのアクセス改善による周遊観光の普及が期待できるとした。

 また、市民生活では道道函館上磯線(産業道路)の混雑により「救急車が渋滞に巻き込まれるケースもある」といった課題があることを紹介。混雑緩和や定時性確保などのメリットも挙げた。

 工事の工夫としては、全体を通して大量の土砂を用いた土工が必要だったことから、スムーズに終わらせるための調整に力を入れたと強調。このほか、全ての現場でドローンによる測量やマシンコントロール機能を搭載した建設機械などICTを導入したことも示し、効率的で精度の高い作業を実践していると説明した。

(北海道建設新聞2020年11月16日付8面より)


関連キーワード: 国交省 渡島 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13.2k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.7k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。