認定職訓生主張発表道央大会 最優秀賞は小原さん

2020年11月29日 10時00分

棟梁目指す強い意志伝える

 札幌地方職業能力開発協会(細坂一美会長)は23日、京王プラザホテル札幌で認定職業訓練生主張発表道央大会を開き、最優秀賞に小原崇生さん(19歳、土屋アーキテクチュアカレッジ)を選出した。

将来の夢、目標について語る小原さん

 同大会は、技能者を目指す若者が抱負や目標、決意などを発表し、自己表現力の向上を図るとともに、訓練生の誇りと自信を高めることを目的に実施。より多くの人に聞いてもらおうと2019年から道央技能まつりと一緒に開催している。

 今大会は3校から6人が出場した。最優秀賞の小原さんは、自らの家庭環境や将来の目標がなかなか定まらず、工業高校3年の進路決定時に、ものづくりが好きな自分に気が付き、今の学校に入校した経緯を説明。棟梁になるため、今後も頑張っていく決意を述べた。

 このほか、優秀賞には高田竜我さん(20歳、札幌左官高等職業訓練校)が選ばれた。

 審査委員長を務めた林優香石狩振興局地域産業担当部長は「若くして技能の道を選び、プロになることを目標に努力するひた向きさ、芯の強さが伝わった」と講評。最優秀賞の小原さんについては「堂々とした発表態度から強い意志が会場に伝わった」と評した。

(北海道建設新聞2020年11月26日付12面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 技能

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,135)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,104)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,701)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,465)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。