北見市新庁舎が開庁 にぎわい創出の拠点が誕生

2021年01月06日 10時00分

 北見市は4日、新庁舎1、2階の窓口業務を開始した。開庁式では辻直孝市長ら関係者がテープカットし、市民交流や中心市街地のにぎわい創出拠点となる新たなランドマークの誕生を祝った。3階以上に入る部局は12日から執務を始める。

開庁を祝いテープカットした

 大通西3丁目に完成した新庁舎はSRC一部S造、地下1地上7階、延べ1万7213m²の規模で、総事業費約118億円を投じた。1、2階は市民利用が多い窓口と関連部署、3階から5階は都市建設部や農林水産部などを配置。6階は議場、地下1階と7階は機械室となっている。

 あいさつで辻市長は、事故なく無事完成したことに感謝の意を表し「開庁を市民と共に喜びたい。人が集いにぎわい、中心市街地活性化につながる地域交流拠点となることを願っている」と期待した。

(北海道建設新聞2021年1月5日付2面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13.2k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.7k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。