バイオガスプラント3基目新設 鹿追町が21年度に調査開始

2021年01月25日 10時00分

 鹿追町は2021年度、3基目となる集中型バイオガスプラント新設に向けて建設地などの調査に入る見通しだ。乳牛の飼養頭数が増加する中で北鹿追、笹川、東瓜幕地区を対象に家畜ふん尿の適正処理を進める。総事業費28億円を投じた瓜幕のプラントを上回る規模を想定。時期は未定だが、早期の着工を目指す。

瓜幕のプラント。これを上回る規模を想定する

 町が設置した集中型プラントは中鹿追(処理能力1日当たり94・8㌧)と瓜幕(同210㌧)の2基が稼働中。基幹産業である農業の生産性向上と、町が進める脱炭素社会の形成に向けた重要な施設と位置付けている。中鹿追ではエアウォーター(本社・大阪)や鹿島(同・東京)などによる水素サプライチェーン実証事業も展開されている。

 乳牛の飼養頭数増加に伴い、農家から要望が出ていたことを受け、3基目の建設を構想。送電線の空き容量不足に対応するため国が準備を進めるノンファーム型接続の申し込み開始をにらみ、建設地などの調査に入る方針を固めた。

 町としては最後の集中型プラントになる見通しで、施設の完成により計算上、町内全世帯の8割の電源を賄うことが可能になるという。概算事業費の算出などマスタープランを策定していて、年度内にまとめる予定だ。

(北海道建設新聞2021年1月22日付9面より)


関連キーワード: エネルギー 十勝 畜産

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3.8k)
JR日高線鵡川―様似間、護岸補修へ...
2021年02月17日 (1.9k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1.6k)
JR網走駅前で土地取得進む ルートインがホテル計画...
2021年02月05日 (1.3k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.3k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第202回は「一汁三菜」。実は脂質と塩分が過剰になりやすいです。メニューや量の工夫が必要ですね。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第5回「冬の洗濯物、どこに干します?」リビングや浴室、洗面室には視界の問題や不便な点があります。最も理想的なのは……?

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第4回「少しの検討 トラブル防止」新規事業立ち上げ前に検討することで、防げるトラブルもあります。