JR日高線鵡川―様似間、護岸補修へ

2021年02月17日 11時28分

JRが補修費、道発注で調整

 道とJR北海道は4月1日付で廃止するJR日高線鵡川―様似間(116㌔)の海岸線を対象に護岸の補修を検討している。同区間は2015年1月の高波被害で線路が被災して不通となり、以後も断続的に被害を受けてきた。補修に向けては、JR北海道が道に補修費用を支払い、道が発注する方向で調整中。道の21年度当初予算案に補修箇所の調査費を計上した。補修が必要な箇所を抽出し、22年度以降に着工する考え。調査の結果次第では21年度中の整備着手も視野に入れる。

 JR日高線は、15年1月の高波被害で線路下の路盤が流出した。低気圧などの被害もたびたび受け、16年8月の台風では線路下の路盤が流出し、護岸が倒壊、橋梁の桁が流失。現在も土砂流出が続き、周辺の漁場に悪影響を与えている。

JR日高線の高波被害を受けた護岸(2016年撮影)

 JR北海道は、全線復旧を模索したが86億円という巨額の復旧費が必要で、同線廃止・バス転換を表明。地元自治体は鵡川―様似間の方向性を①全線復旧②鵡川―日高門別間は鉄道復旧し残りをバス転換③全線バス転換―の3案で議論を開始した。

 日高管内7町長は20年10月、JR日高線廃止に同意し、廃止に伴う沿線へのJRの支援内容などを記した覚書を締結した。覚書には18年間分のバス運行費などとして25億5500万円の拠出が決まっている。

 災害発生から6年が経過した護岸の補修については、道が21年度に補修箇所を絞り込むため、調査を実施する考え。22年度以降の着工を予定しているが、調査の結果次第では21年度中の整備着手も視野に入れる。

 道の担当者は、災害の範囲が広いことから「補修する必要がない箇所もある。まずは調査し、工法もJR北海道と相談する」と話している。

 補修費は、JRが道に費用を支払い、道が発注する方向で調整している。

 


関連キーワード: JR北海道 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,691)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,973)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,492)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,428)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,242)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。