新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案

2021年03月25日 15時00分

道新幹線活用小樽まちづくり協で報告 公共事業事前評価へ

 北海道新幹線仮称・新小樽駅の駅前広場計画案が明らかになった。公共交通車用と一般車用の2つのロータリーを備え、一般車用に設ける一時駐車場やバースに身障者専用スペースを確保。2022年度に公共事業大規模等事前評価を受け、23年度の都市計画決定を目指す。また、関連施設の周辺駐車場は21年度に概略設計を進め、事前評価時に照査を受ける。

 小樽経済センターで開かれた第7回北海道新幹線活用小樽まちづくり協議会(会長・迫俊哉小樽市長)で報告した。都市計画変更に向け、道や公安委員会との事前協議が終わったことから、修正したレイアウトを計画案として活用する。

 駅前広場の概要を見ると、敷地面積は7800m²で、車道幅員は6m、舗道幅員はキャノピー設置時が5m、通常が2・5mと設定。公共交通車用ロータリーは、バスバース4カ所、タクシーバースが降車2カ所と乗車3カ所、タクシープール16台分を確保する。一般車用ロータリーは、バースが一般と身障者で各2カ所、一時駐車場が一般16台と身障者2台とした。

 関連施設の周辺駐車場は1万2500m²を見込み、広場に隣接する多目的広場2053m²(臨時駐車場分78台)と中長期駐車場25台のほか、勝納川の対岸に122台(小型112台、大型10台)と57台(全て小型)の2カ所を配置。河川対岸へは、車両が新設する橋梁(橋長22・6m)、徒歩が既存の清川橋でアクセスする。

 このほか、物販施設やレンタカーカウンターなどを想定する新駅付帯施設で、新駅高架下1階の駅前広場側に、延べ500m²程度のスペースが確保できると鉄道運輸機構から回答があったと事務局が報告。外壁や内部造作は小樽市が設計・施工し、駅舎基本設計が始まる22年夏までにレイアウト案を固める。

(北海道建設新聞2021年3月24日付19面より)


関連キーワード: 後志 新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。