アカプラのバーチャル空間を公開 大日本印刷

2021年04月28日 15時00分

 大日本印刷(DNP)は26日、札幌市北3条広場(アカプラ)のバーチャル空間「PARALLEL SAPPORO KITA3JO」を公開した。イベントや観光を楽しめて、いつでも誰でも入れる空間だ。東京五輪マラソンに向けて計画される5月5日のテストイベントでも、入賞者の記者会見などの中継や展示ブースを楽しめる予定だ。

アカプラを抜けて道庁赤れんが庁舎までアバターを移動できる

 札幌駅前通まちづくり株式会社、札幌市と連携。リアルとバーチャルの両方を活用した新しいコミュニケーションの創造に取り組み、地方創生につなげる。

 バーチャル空間は企業の商品販売やプロモーション、自治体イベントなどに活用できる。利用者は自らの分身であるアバターを動かして他の人と通話、スタンプを送る、撮影などが可能。パソコンやスマートフォン、VRデバイスで体験できて入場費はかからない。

 企業や団体は映像、画像、立体物の配置をDNPに依頼できる。同じ空間をコピーできるため、異なるイベントや展示会の同時開催も可能だ。

 市はDNPと活用法の研究を進める。担当者は「ビジネスモデルとしての定着に期待したい」と話す。DNP側も収益の地域還元につなげ、地方創生の新しいモデルとして展開したい考えだ。

 アカプラはバーチャル空間を構築する「XRコミュニケーション事業」の1例目。道内で地方創生に取り組んできた背景もあり選ばれた。5月下旬には宮下公園(渋谷区)も公開予定。2025年までに全国30拠点構築を目指す。

(北海道建設新聞2021年4月27日付2面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,750)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,959)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,270)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,300)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,063)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。